一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 アンドロゲン

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2015.01.22

アンドロゲン

アンドロゲン   【英】Androgen  

解説

アンドロゲンは男性ホルモン(雄性ホルモンともいう)の総称で、精巣(睾丸)から分泌されるテストステロン、デヒドロエピアンドロステロンなどの成分、その代謝物(ジヒドロテストステロンなど)が含まれる。その中で、最も多く分泌され作用も顕著なのがテストステロンである。

アンドロゲンは、男子の性的特徴(第二次性徴)の形成を促進する。その作用メカニズムは、アンドロゲン受容体(レセプター)にアンドロゲンが結合することにより発現する。環境ホルモンの中にはアンドロゲン受容体と結合することによりアンドロゲン作用の発現を阻害する抗アンドロゲン(アンタゴニスト)活性を示すものが知られている。(2014年8月改訂)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト