一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 在来鉄道に係る騒音対策の指針

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.16

在来鉄道に係る騒音対策の指針

ザイライテツドウニカカルソウオンタイサクノシシン   【英】Environmental Quality Guidelines for Conventional Railway Noise  

解説

在来鉄道の新設又は大規模改良に際して、生活環境を保全し環境問題が生じることがないように未然に防止するための目標として、1995年に環境省が設定した指針。

例えば、新設の在来鉄道の場合、昼間(7時-22時)においては等価騒音レベル(Laeq)で60dB以下と定められている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト