EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
水素貯蔵    
次の記事へ
 件数:78件
 索引:「ス」
 23-32件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2015.10.07 更新日 | 2015.10.07
水素貯蔵
スイソチョゾウ  
 解説 |
 温暖化対策として水素の利用は重要であるが、水素を利用するに当たっては、安全、安価かつ無駄のない貯蔵システムが必要である。水素貯蔵の方法としては、圧縮水素容器を用いた高圧貯蔵、超低温(-253℃以下)の断熱容器を用いた液化貯蔵、水素吸蔵合金を用いた貯蔵などがある。
 燃料電池自動車では、70Mpaの高圧貯蔵が実用化されている。高圧貯蔵は比較的軽量の容器となる利点があるが、液化貯蔵ほど高密度の貯蔵ができず、圧縮時に高温となるために急速充填時の水素冷却が必要となる。一方、液化貯蔵は、極低温を維持するために常に水素が少量ずつ気化するので、長期貯蔵ができない。水素吸蔵合金は、貯蔵量に比べて重量が大きいなどの問題点がある。安全、低コストで長期貯蔵に適した水素貯蔵技術の更なる発展が期待されている。(2015年7月作成)
 この解説に含まれる環境用語 |
  燃料電池自動車
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化

 関連Webサイト |
ページトップへ