一般財団法人環境イノベーション情報機構

イベント情報ヨハネスブルグ・サミット直前 NGOシンポジウム「地球サミット10年の危機」

ヨハネスブルグ・サミット直前 NGOシンポジウム「地球サミット10年の危機」

【カテゴリ】 地球環境 その他(地球環境)

【開催日】2002.08.04

【開催地】東京都


■WSSD■WSSD■WSSD■WSSD■WSSD■WSSD■WSSD■WSSD■

  ヨハネスブルグ・サミット直前シンポジウム

  NGOシンポジウム「地球サミット10年の危機」

■WSSD■WSSD■WSSD■WSSD■WSSD■WSSD■WSSD■WSSD■

 地球サミットから10年、私たちを取り巻く地球規模の問題は改善しているでしょうか。現実に目を向ければ、地球環境の危機は更に深刻化し、南北の格差は一層拡大しています。また世界は核・戦争・テロの脅威にさらされています。人類は持続可能な発展への道を歩んでいるといえるでしょうか?
8月26日より、南アフリカのヨハネスブルグにて、この10年の取り組みを検証し次の具体的な行動を話し合う「持続可能な開発に関する世界首脳会議(ヨハネスブルグ・サミット)」が開催されます。この会議を前に、それぞれの課題の解決へ向けて活動するNGOが結集して、10年を検証し問題を明らかにしながら、これから進むべき方向性について議論し、提言を行います。ぜひご参加ください。

■日時:8月4日(日)10:30〜16:30(10:00開場)
■場所:東京都庭園美術館 大ホール(東京都港区白金台)
■参加費:一般1,000円・学生500円
■主催:「リオ+10」NGOシンポジウム実行委員会

 ※昼食時にはお弁当の販売を予定しています(先着100名)が、なるべくご自身でご用意下さい。

■シンポジウムの内容(予定)
第1部 サミット概説
    古沢広祐(JACSES事務局長)
    北沢洋子(国際問題評論家)
第2部 「地球サミットから10年」の評価と今後への提言
    森林
    地球温暖化
    水
    ODA
    途上国支援(貧困と平和)
第3部 共通課題パネルディスカッション
   「持続可能な未来構築のための私たちのこれからの課題(仮題)」
NGO声明

■「リオ+10」NGOシンポジウム実行委員
【世話人】
  古沢広祐 (「環境・持続社会」研究センター(JACSES)事務局長)
  浅岡美恵 (気候ネットワーク代表)
  田中 優 (日本国際ボランティアセンター(JVC)理事、元・市民フォーラム2001共同代表)
【実行委員】
  足立治郎(「環境・持続社会」研究センター(JACSES))
  内田聖子(PARC(アジア太平洋資料センター))
  大林ミカ(「自然エネルギー促進法」推進ネットワーク(GEN)、環境エネルギー政策研究所(ISEP))
  神田浩史(世界水フォーラム市民ネットワーク)
  小浜崇宏(熱帯林行動ネットワーク(JATAN))
  須田春海(市民運動全国センター)
  田浦健朗(気候ネットワーク)
  高橋清貴(日本国際ボランティアセンター(JVC))
  田辺有輝(A SEED JAPAN)
  早川光俊(地球環境と大気汚染を考える全国市民会議(CASA))
  平田仁子(気候ネットワーク)
  松本 悟(メコン・ウォッチ)(五十音順・7月12日現在)

■お問合せ 「リオ+10」NGOシンポジウム実行委員会 事務局
  気候ネットワーク東京事務所 TEL:03-3263-9210、FAX:03-3263-9463 又は
  「環境・持続社会」研究センター TEL:03-3447-9515、FAX:03-3447-9383

  ★☆★事前・当日のボランティア大募集中!★☆★

 <本シンポジウムは、環境事業団地球環境基金の助成を受けて開催いたします>

【登録日】2002.07.22

[NPO法人 気候ネットワーク]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2002.07.22

【登録者】気候ネットワーク