EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
第5回環境情報エクスカーション:「三...
次の記事へ
 件数:30105件
 新着順に表示
 15038-15047件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

開催日 | 2009.11.13    開催地 | 東京都   カテゴリ | 環境一般 >> その他(環境一般)
   登録日 | 2009.11.02
第5回環境情報エクスカーション:「三菱開東閣庭園」の見学
この情報の修正・削除
三菱開東閣(みつびし かいとうかく)は、もと岩崎家の別邸で東京都港区高輪4丁目にあります。明治22年(1889)岩崎久弥が、我が国初代首相伊藤博文の邸宅地だったこの地を購入し、同33年岩崎弥之助が譲り受け、駿河台の本邸から和風邸宅と釈迦堂を移築のうえ、現在の洋館を新築し、明治41年ほぼ完成しました。敷地面積は16,500坪、洋館はジョサイア・コンドルの設計による煉瓦造りの建物です。庭園もコンドルの設計意図がうかがえます。昭和20年の空襲で和館が焼失、洋館も内部を焼失しましたが、戦後、洋館の修復が進められ、現在は三菱グループ企業の倶楽部として利用されています。

今回の環境情報エクスカーションでは、非公開の開東閣庭園と洋館(内部見学は不可・利用状況によっては部分的に見学可)を見学しながら、庭園管理に携わっている造園専門家に開東閣の歴史や概要についてご説明いただきます。

日 時: 平成21年11月13日(金)14:00〜16:00(予定)
会 場: 三菱開東閣 庭園(東京都港区高輪4-25-33)
集合場所・時間: 三菱開東閣 正門前 13:50集合(厳守)
参加費: 環境情報科学センター会員:無料 / 一般:500円
定 員: 20名(先着順)
申込み: 参加を希望される方は,参加申込書(様式有)に沿って必要事項を明記の上,11月9日(月)までに下記宛てお申し込み下さい。
※定員に達し次第、締め切ります。
※参加申込書はHPよりダウンロードしてください。

(社)環境情報科学センター 環境サロン係
〒102-0081 東京都千代田区四番町8-19 番町ポンピアンビル
Tel.03-3265-3916 Fax.03-3265-3955
E-mail:member-jimukyoku@ceis.or.jp
(@は半角に直してください)

登録者情報 |
環境情報科学センター ( 東京都 | 社団法人 )
  info@ceis.or.jp
  http://www.ceis.or.jp/saloninfo_091113.html

[社団法人 環境情報科学センター]今後のイベント |

ページトップへ