一般財団法人環境イノベーション情報機構

イベント情報オイコスフォーラム連続セミナー2010 自然共生建築を求めて−流れ・循環のデザイン 第1回『エネルギー問題を再考する』

オイコスフォーラム連続セミナー2010 自然共生建築を求めて−流れ・循環のデザイン 第1回『エネルギー問題を再考する』

【カテゴリ】 エネルギー 省エネルギー

【開催日】2010.04.23

【開催地】東京都


オイコスフォーラム連続セミナー2010 
自然共生建築を求めて−流れ・循環のデザイン
第1回『エネルギー問題を再考する』
講師:宿谷 昌則(東京都市大学環境情報学部)

日時:4月23日(金)18:30より
会場:環境パートナーシップオフィス(EPO)会議室

ひとにとってとても身近な建物の環境を、エクセルギーやシステムなどの概念を使ってとらえなおし、「ひと」「いえ」から「地球」「太陽」までひとつにつながる、流れ・循環のデザインを考えます。

■第1期全5回の内容
第1回 『エネルギー問題を再考する』
第2回 『当たり前な不思議』
第3回 『拡散性と資源性の概念−エントロピーとエクセルギー』
第4回 『システムとエネルギー物質』
第5回 『システムの持続的活動』

● セミナー参加費(第I期5回分):一般 10,000円 会員8,000円
●申し込み・問い合せ:オイコスフォーラム事務局
tel03-3415-8916 fax03-3415-8917 entracte@m.email.ne.jp

オイコスフォーラムは、環境と調和する建築や人の生活のあり方を模索する活動を続けています。近年、地球環境問題の緊急性・重要性が一定の共通認識となり、市民運動から国際政治のレベルまで、さまざなま取り組みがなされてきています。建築においても、断熱技術、自然エネルギー利用、高効率の設備機器といった、環境技術は向上し普及してきました。その反面、二酸化炭素排出量のみがクローズアップされ、政治や経済の思惑でエコブームが動かされているような風潮も感じられます。

オイコスフォーラムは、1997年のスタート時に、次のようなことを考えました。『人間のエネルギーの使い方や技術の方向性、そしてひとりひとりの暮らしのありかた、建築のデザインやそこでの住まい方も、もういちど初源にたち戻り、生き物としての人間の住まいや生活からとらえ直す必要があります。それは、環境ー自然を情緒的にとらえるだけでなく、自然の巧妙で精緻なシステムを知り、共生の方法論を探ることでもあるでしょう。そしてまた、同じ語から派生したとは思えない現代のエコノミーとエコロジーを、再び結びあわせるような社会の仕組みへの目配りも必要になるでしょう。』

環境をめぐる状況はさまざまに変わりましたが、立ち戻るべき場所は変わりません。環境をめぐるハードもソフトも充実しつつあるいま、もういちど、ひとと建築と環境のつながりを考えていきたいと思います。

【登録日】2010.03.13

[任意団体 オイコスフォーラム]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2010.03.13

【登録者】オイコスフォーラム