EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
《水族館問題公開シンポジウム》 ... 
次の記事へ
 件数:29222件
 新着順に表示
 12929-12938件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

開催日 | 2010.04.25    開催地 | 京都府   カテゴリ | 環境学習 >> その他(環境学習)
   登録日 | 2010.04.11
《水族館問題公開シンポジウム》 どうして京都に海洋水族館? イルカショーで環境教育はできるのか
この情報の修正・削除

京都市長が突然「水族館計画」を発表してから1年半がたちました。梅小路公園に海洋水族館をつくるという計画に、地元をはじめ、市民の中にさまざまな疑問が広がっています。イルカショーがメインとなることにも疑問の声が沸きあがっています。「環境教育」をするのだと京都市長は言いますが、はたしてそうなるのでしようか?

オリックス不動産が建てるので、京都市の財政支出はないと言っていましたが、周辺整備などでお金が必要なことも分かってきました。オリックスに貸す土地利用料もなぜか安くします。それにもまして、地元では、梅小路公園の穏やかな環境が損なわれるとの声が圧倒的です。

●日時・会場
2010年4月25日(日曜日)14時〜17時
京大会館 101号室
アクセス:http://www.kyodaikaikan.jp/access.html
(京都市バス「京大正門前」下車徒歩7分、「神宮丸太町駅」下車徒歩7分)

●内容
<パネリスト>
辺見栄さん(エルザ自然保護の会)
下村泰史さん(京都造形芸術大学准教授・環境デザイン)
久山喜久雄さん(フィールドソサイエティー代表)

<コーディネーター>
中林浩さん(神戸松蔭女子学院大学教授)

●入場無料、申し込み不要(会場で協力金の訴えをさせていただきます)

●ポスター・チラシのダウンロード
http://www.filebank.co.jp/filelink/045e434feb0c447844fad4fea1d0cf38
(ダウンロード方法:ページ右上の[転送モード切替(マネージャ)]をクリックし[転送モード切替(ブラウザ)]にし、ダウンロードしたいファイル名の左側のボックスにチェックを入れ、ファイルリスト上の[ダウンロード]をクリックして下さい。)

●主催
下京梅小路パークプロジェクト
“梅小路公園に水族館はいらない”市民ネットワーク

問合せ先:
“梅小路公園に水族館はいらない”市民ネットワーク事務局 榎田基明(e-mail:vdori.m@nifty.com)


登録者情報 |
榎田基明
  vdori.m@nifty.com
 


ページトップへ