EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
生物多様性、どう動く!〜市民・NGO...
次の記事へ
 件数:28521件
 新着順に表示
 9461-9470件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.08.18

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国内では、白神山地と屋久島が1993年に、知床が2005年に、小笠原諸島が2011年に、世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約に基づく世界自然遺産に登録されました。世界自然遺産として評価された自然を有する自治体は、評価された自然の価値が異なるものの、その価値を損なうことなく、将来に向かって保全する共通の使命を帯びています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

開催日 | 2011.02.20    開催地 | 大阪府   カテゴリ | 自然環境 >> 生物多様性
   登録日 | 2011.02.09
生物多様性、どう動く!〜市民・NGOのポストCOP10〜
この情報の修正・削除
2010年10月に名古屋で生物多様性条約第10回締約国会議(CBD−COP10)が開催されました。この条約は、1)地球上の多様な生物をその生息環境とともに保全すること、2)生物資源を持続可能であるように利用すること、3)遺伝資源の利用から生ずる利益を公正かつ衡平に配分すること(COP10支援実行委員会公式ウェブサイト)の3つが目的となっています。
 今回の会議では、2020年までの生態系保全の世界目標「愛知ターゲット」と、生物遺伝資源の利益配分を定めた「名古屋議定書」が採択されました。また、国内に目を移すと、COP10を前に政府は「生物多様性国家戦略2010」を策定し、生物多様性の保全及び、持続可能な利用について計画を定めました。
 しかし、どこか遠くの話しに思える、「生物多様性」。私たち、一般の市民や市民団体はこれからどのように考え、行動していけばよいのでしょうか?そもそも、「生物多様性とは何?」というところから、専門家や市民の代表の方のお話を聞き、一緒に考えていきましょう。

◇生物多様性はなぜ大切なのか
 湯本貴和さん(総合地球環境学研究所)
◇関西やからこそ、生物多様性と豊かに'おつきあい'しましょ
〜 身近な自然から世界を見つめる、関西人に 〜
  宮川五十雄さん(生物多様性かんさい代表)

登録者情報 |
きんき環境館 ( 大阪府 | 環境学習・情報拠点 )
  office@kankyokan.jp
  http://www.kankyokan.jp/news/2011/01/ngocop10.html

[環境学習・情報拠点 きんき環境館]今後のイベント |

ページトップへ