一般財団法人環境イノベーション情報機構

イベント情報「温暖化から考えるエネルギーの選択」

「温暖化から考えるエネルギーの選択」

【カテゴリ】 地球環境 地球温暖化

【開催日】2012.07.22

【開催地】東京都


日時:2012年7月22日(日)13:00〜16:00 (受付13:00〜)
会場:日比谷図書文化館 地下1階コンベンションホール(大ホール)
参加費:無料
定員:200名(定員になり次第受付終了)
申込み方法:申込み専用WEBサイト(https://ssl.form-mailer.jp/fms/f2bd893e204424)か、メール(climatechange@wwf.or.jp)かFAX(03-3769-1717)で(1)氏名(ふりがな)、(2)所属、(3)連絡先(Email or電話番号)を記入の上、WWFジャパン 気候変動・エネルギーグループまでお申し込みください。


昨年3月11日の東日本大震災および原発事故を受け、政府ではエネルギー・気候変動政策の抜本的な見直しを行ってきました。この先、将来に向かって原子力や化石燃料資源、気候変動における様々なリスクを乗り越え、未来のをどう切り開き、どういうエネルギーを選択していくのかが、今決められようとしているのです。

6月には、今後のエネルギー・環境政策に関する「選択肢」が政府から提示されました。この「選択肢」について、これから「国民的議論」を経て、夏に最終的な結論を出すこととされています。ただ、今回提示された「選択肢」は、気候変動/温暖化問題の観点から多くの課題があり、本当にふさわしい選択肢なのかも含めて疑問視されています。

このイベントでは、お天気キャスターの木原実さんと一緒に、気候変動の問題についての理解を今一度深め、脱原発と気候変動対策の両立を模索しながら、多くの皆さまとディスカッションしていきたいと考えています。多くの皆様のご参加をお待ちしております。


【基調講演】1.地球温暖化は今どうなっているの?
江守正多(国立環境研究所地球環境研究センター気候変動リスク評価研究室室長)

2.「選択肢」をどう見るか〜地球温暖化問題の観点から〜
高村ゆかり(名古屋大学大学院環境学研究科教授)

【パネルディスカッション】*twitterや会場からの意見を交えて議論します。

コーディネーター:木原実(気象予報士)
パネリスト:
植田和弘(京都大学大学院教授)
江守正多(国立環境研究所地球環境研究センター)
小西雅子(WWFジャパン)
高村ゆかり(名古屋大学大学院教授)
平田仁子(気候ネットワーク)

敬称略

【登録日】2012.07.10

[NPO法人 気候ネットワーク]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2012.07.10

【登録者】気候ネットワーク