EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
対馬学フォーラム2017      
次の記事へ
 件数:30105件
 新着順に表示
 636-645件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

開催日 | 2017.12.09 〜2017.12.10     開催地 | 長崎県   カテゴリ | 自然環境 >> 生物多様性
   登録日 | 2017.09.28
対馬学フォーラム2017
この情報の修正・削除
 九州と朝鮮半島の間に浮かぶ国境離島。ツシマヤマネコをはじめとする貴重な動植物や歴史文化の宝庫です。

 ここ対馬において、「対馬学フォーラム2017」を開催します。

 「対馬学フォーラム」は、対馬の研究を行う研究者や学生の参加を得ながら、市民の皆さまとともに、対馬の素晴らしさを知り、楽しく学び合うための「場」です。いままでの研究で明らかになってきた対馬のわくわくするような「知」に触れてみませんか? 
 1日目(12月9日)は、研究者等が現地を案内するエクスカーション、2日目は研究ポスター発表大会や全体セッションが予定されています。
 また、ジョイントイベントとして、ASCM(アジア野生動物医学会)のアジアヤマネコ保全ワークショップも予定されています。
 お誘い合わせの上、是非ご参加ください。
 詳細については以下URLをご覧ください。

http://fieldcampus.city.tsushima.nagasaki.jp/study/cat/2017.html

対馬学フォーラム事務局
(対馬市しまづくり推進部市民協働・交通対策課)

登録者情報 |
対馬市 ( 長崎県 | 地方自治体 )
 
 

[地方自治体 対馬市]今後のイベント |

ページトップへ