EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
産業廃棄物処理業におけるBCP策定啓...
次の記事へ
 件数:1552件
 新着順に表示
 46-55件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

開催日 | 2017.11.16    開催地 | 大阪府   カテゴリ | ごみ・リサイクル >> 産業廃棄物
   登録日 | 2017.11.06
産業廃棄物処理業におけるBCP策定啓発セミナー
この情報の修正・削除
平成23年3月11日の東日本大震災発生以降、BCP(Business Continuity Plan=事業継続計画)は、企業防災の取り組みとして注目を集めています。わが国では毎年のように、地震、台風、集中豪雨等の自然災害が数多く発生し、全国の企業が直接、間接の被害を受けています。産業廃棄物処理業界は、生活環境の保全及び公衆衛生の向上という公益目的性の高い役割を担っており、特にBCP策定が重要な業界であります。有事における対応を事前に定めておくことで、迅速な災害対応が可能となり、経済的損失等を最小限に抑え、事業継続が可能となることから、被災後の事業への影響を最小限にとどめるためにも非常に重要な取り組みです。
本会では下記の通り、産業廃棄物処理業界に特化したBCP策定啓発セミナーを開催させていただくことになりました。より実践的な講義内容となっており、皆様の今後の事業展開にも大いに参考になることと存じます。奮ってご参加ください。

開催日時
平成29年11月16日(木) 13時30分〜16時40分(13時受付開始)
開催場所
大江ビル 13階(大阪市中央区農人橋1-1-22)
地下鉄谷町線・中央線 谷町四丁目駅
8番出口から西へ徒歩1分
※8番出口を出られましたら、そのまま中央大通沿いにお進み下さい。

カリキュラム
講義1:「BCP策定の基本と実務〜脅威への備えが組織を強くする〜」
講師:ミネルヴァベリタス株式会社 コンサルタント 上和田真司 氏
講義2:「産業廃棄物処理業におけるBCP策定の事例発表」
講師:木材開発株式会社副社長 谷 豊 氏

参加ご希望の方は協会事務局まで直接ご連絡ください。
公益社団法人大阪府産業廃棄物協会
事務局TEL:06-6943-4016

登録者情報 |
公益社団法人大阪府産業廃棄物協会
 
  http://www.o-sanpai.or.jp/


ページトップへ