EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
第12回全国フォーラム「プロフェッ... 
次の記事へ
 件数:3289件
 新着順に表示
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

開催日 | 2018.01.27 〜2018.01.28     開催地 | 東京都   カテゴリ | 環境学習 >> カウンセラ/指導者
募集期間 | 2017.12.01〜2018.01.19    登録日 | 2017.12.01
第12回全国フォーラム「プロフェッショナルとしての自然体験活動〜新たな潮流を探る〜」
この情報の修正・削除

 自然体験活動は、自ら考え、判断行動するとともに自らを律する必要があり、子ども達を中心に生きる力の醸成に役立っています。この活動がより有意義なものになるためには、優秀な指導者が不可欠であり、海に学ぶ体験活動協議会(CNAC)では、平成19年の発足以来、指導者の育成に努めています。
 一方、自然体験活動の全国展開を踏まえ、これを新たなビジネスチャンスとして起業する民間や地域おこしの手段として支援活動を行う自治体等の動きがあります。
 第12回全国フォーラムでは、各地で展開されている自然体験活動の最前線の新たな潮流を探り、これからの自然体験活動のあり方、人材の育成や供給、新たなビジネスモデルについて考えるものであり、多くの関係者とり
わけ自然体験活動の分野に進出しようとしている学生、民間、自治体の皆様の多くの参加をお待ちしています。

【日 時】2018年 1月27日(土)13:30〜18:00 (受付13:00より)
【会 場】東京海洋大学品川キャンパス 2号館100A教室
【締 切】2018年 1月19日(金) ※定員(100名)になり次第締め切ります。
【参加費】無料

【主 催】NPO法人海に学ぶ体験活動協議会(CNAC)
【後 援】国土交通省港湾局(予定)、一般財団法人みなと総合研究財団(予定)

◆第12回全国フォーラムプログラム (以下、敬称略)

 ●基調講演 「地域づくりと海辺の自然体験活動の実践例(仮)」
大塚英治(株式会社沿海調査エンジニアリング代表取締役社長/CNAC理事)
 ●活動事例報告(3件)
 「地域おこし協力隊の経験を自然学校起業へ」
おたり自然学校 校長 日方冬樹
 「若い情熱を海辺の未来へ〜2017海辺の環境教育フォーラムの実践から〜」
海辺の環境教育フォーラム2017 共同実行委員長 川端潮音
 「若者が目指す海洋系の就職先(仮)」
東京コミュニケーションアート専門学校 副校長 前田英雅
 ●グル―プディスカッション <以下から予め1つのテーマをお選びください>
 A.田舎で起業、B.海辺の環境教育の未来を語ろう、C.海洋系学生が目指す就職先

◎28日に帆船「みらいへ」による横浜港環境学習(有料)を予定。

【お問合せ先】
NPO法人 海に学ぶ体験活動協議会(CNAC)事務局
担当:中島、谷、港
電話:03-5408-8299 FAX:03-5408-8741
E-mail:cnac@wave.or.jp

【申込方法】下記特設サイトのフォームよりお申込み下さい。

▽CNAC第12回全国フォーラム特設サイト
 http://cnacforum2017.jimdo.com/


登録者情報 |
中島 正雄
  cnac@wave.or.jp
  https://cnacforum2017.jimdo.com/


ページトップへ