EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
水ビジネスの最新動向      
次の記事へ
 件数:1842件
 新着順に表示
 28-37件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

開催日 | 2017.12.19    開催地 | 大阪府   カテゴリ | エコビジネス >> その他(エコビジネス)
   登録日 | 2017.12.08
水ビジネスの最新動向
この情報の修正・削除
地球は「水の惑星」といわれ、膨大な水が存在しますが、大半が海水で人間が利用できる淡水は水資源全体のわずか0.01%にすぎず、水は希少資源ともいえる存在です。
水問題の解決には、大きなビジネスチャンスがあり、水ビジネスは、まだまだ成長する市場といえます。

今回のセミナーでは、世界の水ビジネスの第一人者のグローバルウォータ・ジャパン代表で国連テクニカルアドバイザー等も務められている吉村和就氏に、「世界の水ビジネスの現状と勝てる日本の戦略は」と題して、ご講演していただきます。
その後、大阪 水環境ソリューション機構の活動の他、関西・アジア 環境・省エネビジネス交流推進フォーラム(Team E-Kansai)で、水ビジネスを推進している企業(東洋紡エンジニアリング株式会社)の事例を紹介します。
是非、ご参加ください。

■プログラム

基調講演
「世界の水ビジネスの現状と勝てる日本の戦略は」
グローバルウォータ・ジャパン 代表
吉村 和就 氏

事例紹介1
「大阪 水・環境ソリューション機構 歴史と活動」
一般財団法人都市技術センター 常務理事
大阪 水・環境ソリューション機構 事務局長
坂本 幸三 氏

事例紹介2
「海水淡水化技術の紹介」
東洋紡エンジニアリング株式会社 新規事業プロジェクト
大平 能成 氏

2017年12月19日(火) 13:30〜16:30
おおさかATCグリーンエコプラザ内 セミナールーム
受講無料

おおさかATCグリーンエコプラザ ホームページ(http://www.ecoplaza.gr.jp)よりお申込みください

登録者情報 |
特定非営利活動法人イー・ビーイング
  seminar03@ecoplaza.gr.jp
  http://www.ecoplaza.gr.jp


ページトップへ