EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
【1/30(火)東京】10/1全面施行!... 
次の記事へ
 件数:4801件
 新着順に表示
 47-56件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

開催日 | 2018.01.30    開催地 | 東京都   カテゴリ | 環境一般 >> 市民活動
   登録日 | 2017.12.28
【1/30(火)東京】10/1全面施行!「改正NPO法対応 定款変更&登記手続 徹底解説セミナー《第1回》」
この情報の修正・削除
【改正NPO法完全施行まであと半年!「公告方法」の定款変更は終わりましたか?】

2016年(平成28年)の6月に成立した改正NPO法(特定非営利活動促進法)が
いよいよ2018年(平成30年)10月1日に全面施行されます。
これに伴い、毎年必要だった「資産総額の変更登記」が不要になる代わりに、
毎年の「貸借対照表の公告」が義務化されるようになります。

「貸借対照表の公告」をどのように行うかは、自団体の定款で決められますが、
これまでの定款のままだと、毎年毎年、官報へ数万円をかけての掲載することに!
ほぼ全てのNPO法人で、次の通常総会で「公告の方法」について定款変更が必須です!

そこで今回、「公告の方法」を中心に、ここ数年のNPO法改正に対応するための定款変更や
登記手続きなどを詳しく解説するセミナーを開催いたします。
認定NPOの審査でも、定款に則った運営をしているかは最重要ポイントの1つ。
総会・理事会のルールや事業の内容など、この機会に定款を見直してみませんか?
改正NPO法対応に向けた手続き、そして定款の見直しについて、集中して学べるチャンスです。
ぜひ本セミナーをご活用下さい!ご参加の皆様は、自団体の定款をお持ち下さい。

◆日 時:2018年1月30日(火)19:00-20:30 ※18時45分開場

◆対 象:NPO法人などの担当者、中間支援組織の方など
こんな方にオススメです
・改正NPO法について学びたい、便利な定款にしたい
・「公告の方法」について、まだ定款変更をしていない
・自団体の定款の内容が実態に即しているかを確認したい

◆講 師:シーズ 代表理事 関口 宏聡

◆内 容:
・改正NPO法の概要と対応スケジュール
・「公告の方法」の比較と選択のポイント
・その他、実態に即した定款変更の検討テーマ
※セミナー終了後、21時まで個別相談にも対応いたします。

◆当日お持ちいただく資料:自団体の定款

◆参加費:1000円/人(認定NPO法人振興会会員:無料/人)

◆定 員:30名(事前申込・先着順)

◆場 所:東京ボランティア・市民活動センター 会議室B →地図
(東京都新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
地下鉄飯田橋駅「B2b」出口直結/JR飯田橋駅徒歩1〜3分程度

◆お申込み:お申し込みはこちらから→ http://www.npoweb.jp/?p=15782

登録者情報 |
シーズ・市民活動を支える制度をつくる会 ( 東京都 | NPO法人 )
  npoweb@abelia.ocn.ne.jp
  http://www.npoweb.jp/?p=15782

[NPO法人 シーズ・市民活動を支える制度をつくる会]今後のイベント |

ページトップへ