EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ATCセミナー 2018年の土壌汚染対策...
次の記事へ
 件数:29894件
 新着順に表示
 222-231件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

開催日 | 2018.01.19    開催地 | 大阪府   カテゴリ | 水・土壌環境 >> 地下水/土壌汚染
   登録日 | 2018.01.01
ATCセミナー 2018年の土壌汚染対策ビジネス2018年1月19日
この情報の修正・削除
■日程:
2018年1月19日(金) 14:30〜16:45

■セミナー情報
2018年の土壌汚染対策ビジネス

 株式会社 FINEV(ファインブ)代表取締役 光成美紀氏では、海外の環境規制・労働安全法令情報のご提供、国内の土壌汚染懸念地の取引や再利用に関するご支援事業をされています。今回は、「海外産業跡地の再生事例について〜今後の国内老朽施設等の再編に向けた土壌汚染対策とその周辺動向〜」と言う題名で代表取締役 光成美紀氏に講演して頂きます。

 そして、水・土壌汚染研究部会の顧問であり、また中央環境審議会土壌農薬部会土壌制度小委員会などでご活躍の、京都大学大学院地球環境学堂 教授 勝見 武氏に、「発生土の利用と自然由来物質−”手離れのよい事業”をこえて 」と言う題名で講演して頂きます。

■ プ ロ グ ラ ム ■

・司会:大幸工業株式会社 水野 克己 氏


・講演1:
海外産業跡地の再生事例について 〜今後の国内老朽施設等の再編に向けた土壌汚染対策とその周辺動向〜
 講師:株式会社 FINEV(ファインブ)代表取締役 光成 美紀 氏


・講演2:発生土の利用と自然由来物質 −”手離れのよい事業”をこえて
 講師: 京都大学大学院地球環境学堂 教授 勝見 武 氏

〈交流会〉17:00〜18:30
・交流会 講師の方を交え、新年交流会を開催します。
 (要事前お申し込み:会費 3500 円)

■受講料:
1,000円 (但し、行政担当者、おおさかATCグリーンエコプラザ出展企業、水・土壌汚染研究部会会員は無料)
※受講料、交流会会費は、当日、受付でお支払いください

■会場:
おおさかATCグリーンエコプラザ内 セミナールーム

■定員:
60名

■主 催:おおさか ATC グリーンエコプラザ実行委員会(大阪市、アジア太平洋トレードセンター株式会社、日経新聞社)
     おおさか ATC グリーンエコプラザビジネス交流会 水・土壌汚染研究部会

■お問い合わせ:〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1-10 ATCビル ITM棟11F
おおさか ATC グリーンエコプラザビジネス交流会 水・土壌汚染研究部会 水・土壌セミナー係
TEL06−6615−5887  FAX06−6614−1801 E-mail:md@e-being.jp

申し込みは↓より
https://area18.smp.ne.jp/area/card/251/GD3o2c/M?S=sapa0pbr0k

登録者情報 |
水土壌汚染研究会会員
 
  https://blogs.yahoo.co.jp/atcmdk/15319128.html


ページトップへ