EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ゲームを通して海の未来を考えよう... 
次の記事へ
 件数:30313件
 新着順に表示
 543-552件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

開催日 | 2018.03.10    開催地 | 神奈川県   カテゴリ | 自然環境 >> 生物多様性
   登録日 | 2018.02.14
ゲームを通して海の未来を考えよう! For EARTH HOUR 2018
この情報の修正・削除
海の環境と現状を、ボードゲームやトークで楽しく学ぼう!

 世界中の海で、既に3割の資源が「獲り過ぎ」の状態で、半分以上が資源の限界まで獲られている状態にあります。過剰な漁獲や違法漁業、ウミガメや海鳥など希少な生物や漁獲対象でない生物を捕獲してしまったり、海底環境を破壊したりするなどの問題も起きています。また、養殖水産物への需要が高まるにつれ、養殖場の設置による野生動物の生息地の消失や、餌や稚魚のための天然魚の過剰漁獲など、自然環境や地域社会への影響も懸念されています。

 今回のワークショップでは、海の環境の現状と私たちにできることを楽しく考えるため、みなさんに漁師になりきって進めていただくボードゲームを実施します。日本大学商学部秋川ゼミナールの皆さんが開発したゲームを楽しんでいただいたあとは、WWFジャパンのスタッフから、世界の漁業資源の現状や、消費者として私たちにできることは何かをお話しさせていただきます。

 ゲームの対象者は小学5年生以上。お子さんでもご参加いただけますので、ぜひお気軽にお申込みください。

<プログラム>
・WWFとEarth Hourのご紹介
・漁業を机で体験!ボードゲーム(進行:日本大学商学部秋川ゼミナール)
・海の環境問題と、「持続可能な水産物」について(講師:WWFジャパン自然保護室 滝本麻耶)

<日時>
2018年3月10日(土) 13:00〜/15:00〜(各回1時間15分程度)

<場所>
モンベルリーフみなとみらい店 サロン

<定員>
各回16名

<料金>
無料

<申し込み方法>
1)氏名
2)電話番号
3)人数(子供同伴の場合は子供の年齢)
4)希望会場(御徒町またはみなとみらい)
5)希望時間(13:00または15:00)を記載の上、
メールにてお申込みください。

<申し込み・お問い合わせ>
WWFジャパン アースアワー担当 earth-hour@wwf.or.jp

★2/24に同内容のイベントをモンベル御徒町店でも実施します。詳しくは下記ウェブサイトをご覧ください。

https://www.wwf.or.jp/join/action/event/2018/02/_for_earth_hour_2018.html

登録者情報 |
世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン) ( 東京都 | 財団法人 )
  communi@wwf.or.jp
  https://www.wwf.or.jp/join/action/event/2018/02/_for_earth_hour_2018.html

[財団法人 世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)]今後のイベント |

ページトップへ