EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
廃棄物管理士講習会(平成30年7月13...
次の記事へ
 件数:30105件
 新着順に表示
 167-176件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

開催日 | 2018.07.13    開催地 | 大阪府   カテゴリ | ごみ・リサイクル >> 産業廃棄物
   登録日 | 2018.05.17
廃棄物管理士講習会(平成30年7月13日(金)開催)
この情報の修正・削除
 本講習会は、産業廃棄物管理の担当者が実務を行う上で知っておかなければならない知識を効率よく体系的に習得できるよう、公益社団法人大阪府産業資源循環協会が独自に始めた講習会です。
 産業廃棄物処理・リサイクルを巡る状況の変化に迅速かつ的確に対処するためには、法制度や処理委託業務に関する知識を常に最新状態にアップデートする必要があります。
 今年度開催の講習会のカリキュラム及びテキストは平成29年10月施行の改正令等(水銀関係)や平成30年4月施行の改正法にも対応しており、改正点を含めた総点検を行うことで企業がとるべき対応策をわかりやすく解説します。
 新入社員の基礎研修として、あるいは中堅社員のスキルアップ研修として、本講習会をぜひご活用いただきますようお願い申し上げます。


 【受講内容】
 1.廃棄物処理に関する法制度
 2.産業廃棄物保管基準
 3.産業廃棄物処理委託基準
 4.産業廃棄物管理票制度と帳簿

 【開催場所】
 天満研修センター
  大阪市北区錦町2-21
 
 【受講料】
 12,000円(資料代/消費税込み)

 【備考】
 ●本講習会修了者には、公益社団法人大阪府産業資源循環協会が認定する「廃棄物管理士」の資格が付与されます。
 ●本講習会修了者は、堺市循環型社会形成推進条例に基づく「産業廃棄物管理責任者」等として従事することが可能になります。
 ●本講習会の修了証は、大阪府における産業廃棄物収集運搬業の許可を更新申請するための修了証等としてご利用いただけます(法人の場合は、原則として役員等が修了したものが対象です)。
 ●本講習会は一般社団法人全国土木施工管理技士会連合会の継続学習制度(CPDS)の講習会に認定されております。多くの行政機関等でCPDSの点数(7ユニット)が行政手続きの技術評価項目としてご活用いただけます。

8月24日(金)、10月12日(金)、12月7日(金)、平成30年1月18日(金)、3月15日(金)にも同じ講習会が開催されます。

問い合わせ先
公益社団法人大阪府産業資源循環協会
Website http://haikibutsu-kanrishi.jp/
TEL:06-6943-4016
FAX:06-6942-5314

※大阪府産業廃棄物協会は、6月8日より、公益社団法人大阪府産業資源循環協会に名称が変わりました。

登録者情報 |
公益社団法人大阪府産業資源循環協会(旧:公益社団法人大阪府産業廃棄物協会)
 
  http://www.o-sanpai.or.jp/


ページトップへ