EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
地域でSDGs! 〜地域のSDGs実践者... 
次の記事へ
 件数:30387件
 新着順に表示
 21-30件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

開催日 | 2018.12.22    開催地 | 東京都   カテゴリ | 環境学習 >> その他(環境学習)
募集期間 | 2018.11.01〜2018.12.22    登録日 | 2018.11.08
地域でSDGs! 〜地域のSDGs実践者と考える、SDGsに貢献する取り組み〜
この情報の修正・削除

==============================
 関東ESD推進ネットワーク 第2回地域フォーラム

 地域でSDGs!
 〜地域のSDGs実践者と考える、SDGsに貢献する取り組み〜

平成30年12月22日(土)13:30〜17:30
@東京ウィメンズプラザ ホール(東京・青山)
https://kanto.esdcenter.jp/kanto-esd_rf2018/
==============================

【企画趣旨】
 国連が2015年に定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」は、世界
の様々な諸課題に対して17の目標・ゴールを設定し、「誰も置き去
りにしない(no one will be left behind)」を基本理念に、2030
年を達成年として課題解決を目指しています。「持続可能な開発の
ための教育」(ESD)は、そうした世界から地域まで多様に存在す
る社会の課題をそのつながりとともに理解し、解決に取り組む人を
育む教育・学習です。関東ESDセンターでは、地域ESD活動推進拠点
(地域ESD拠点)とともに、ESDの取組・実践者を支援し、増やし、
つながり、ともにSDGsに貢献する取り組みを推進しています。
 今回のフォーラムでは、SDGsを、いかに自分事として捉え、地域
や職場などで実践・行動するにはどうしたしたら良いか、どのよう
な仕組みが必要なのか。地域ESD拠点・実践者をお招きし、皆で考
える場にしたいと思いますので、是非ご参加ください。

【開催概要】
・日時:平成30年12月22日(土)13:30〜17:30
・場所:東京ウィメンズプラザ ホール・視聴覚室
    (東京都渋谷区神宮前5丁目53-67)
・対象:SDGs、ESDにご関心のある教育、NPO、行政、企業、学生の方など
・定員:100名(無料・要申込、懇親会参加費:1,000円)


■プログラム -------------------------------------------
13:30 開会挨拶
 ・環境省関東地方環境事務所
 ・関東地方ESD活動支援センター企画運営委員長/
  都留文科大学社会学科 高田研教授
13:40 趣旨説明 関東地方ESD活動支援センター
14:00 事例紹介
 1:地域を理解する、ジオパークと学校連携
   地域の成り立ちを知り、活かす取組としてジオパークの
  活動があります。自然資源を活かし、持続可能な地域づく
  りを目指す活動で、ESDとも関連性が高い活動を紹介します。
  ・鈴木雄介氏(伊豆半島ジオパーク推進協議会 専任研究員)
   <地域ESD拠点>

 2:食品ロス・貧困解消に向け、地域全体を巻き込む
   食品ロス解消に向けた取組が、各地で行なわれています。
  資源の無駄を減らせるだけでなく、貧困の対策、ゴミ削減、
  企業の社会的責任を果たすことなど、様々な課題の解決に
  有効な取組について考えます。
  ・大野覚氏(認定NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ 事務局長)
   <地域ESD拠点>
   (NPO法人 フードバンク茨城 理事長)

 3:「誰も置き去りにしない」教育に向け、地域と学校が連携
   SDGsの達成のためには、それを担う人材育成=教育が必要
  であるとともに、経済的理由で十分な教育が受けられないこ
  とによる貧困の連鎖を断ち切るような教育も必要です。
  ・松井晋作氏(多摩大学 高大接続アクティブラーニング研究会 幹事)

 4:各主体を繋いで取組む、気候変動対策
   地域の中で低炭素社会を実現していくために、企業・行政・
  NPOが連携して実施する、子どもたちへの環境教育、ライフス
  タイルを変えていく取り組みについて紹介します。
  ・服部乃利子氏(静岡県地球温暖化防止活動推進センターゼネラルマネジャー)
   <地域ESD拠点>
15:00 休憩・移動
15:15 分科会
 事例紹介をさらに深く掘り下げるワークショップを実施。
 ゲスト・事例紹介講師
17:00 全体報告
17:30 終了
※18:00〜19:30 懇親会@GEOC(参加費1,000円)


■お申込方法 -------------------------------------------
〇webフォームでのお申込
https://epc.or.jp/contact/1544

〇FAXでのお申込
下記よりチラシをダウンロードして、03-6427-7976へお送り下さい
https://kanto.esdcenter.jp/kanto-esd_rf2018/


【お問合せ先】
関東地方ESD活動支援センター  担当:伊藤、島田
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B1F
TEL:03-6427-7975   FAX:03-6427-7976
kanto@kanto-esdcenter.jp  http://kanto.esdcenter.jp


登録者情報 |
関東地方ESD活動支援センター
  kanto@kanto-esdcenter.jp
  https://kanto.esdcenter.jp/kanto-esd_rf2018/


ページトップへ