一般財団法人環境イノベーション情報機構

イベント情報シンポジウム「大都市での自然エネルギー利用を東京から考える」のご案内

シンポジウム「大都市での自然エネルギー利用を東京から考える」のご案内

【カテゴリ】 エネルギー 再生可能エネルギー

【開催日】2006.03.21

【開催地】東京都


【募集期間】| 2006.03.08〜2006.03.19
↑昨年度のシンポジウムの様子

環境エネルギー政策研究所(ISEP)として、3月21日(春分の日)に下記の通りシンポジウムを開催いたします。
皆様奮ってご参加頂ければ幸いです。

【以下、転送・転載歓迎いたします】
================
皆様

 昨年、京都議定書が発効しましたが、日本における二酸化炭素排出量は増大の一途を辿っており、自然エネルギー推進の必要性がさらに高まっています。また、先進的な自治体においては既に自然エネルギーの活用を積極的に推進する取り組みが行われています。
 そこで、来る3月21日(火・祝)に「大都市での自然エネルギー利用を東京から考える」と題するシンポジウムを開催し、自治体の自然エネルギー政策にフォーカスして、各分野の専門家から国際的な流れやRPS法の見直しなどに関する最新情報を提供し、議論を行います。皆様どうぞご参加頂けますよう、よろしくお願い致します。

==========================
「大都市での自然エネルギー利用を東京から考える」
 〜 自然エネルギー政策の新しいパラダイムへ 〜

【日時】2006年3月21日(火・祝) 13:30〜16:30 (13:00開場)
【会場】主婦会館プラザエフ7F カトレア
 ■アクセス JR四ツ谷駅 麹町口前(徒歩1分)
 (http://www.plaza-f.or.jp/information/otoiawase/otoiawase.html)
【主催】「自然エネルギー促進法推進ネットワーク」(GEN)
     環境エネルギー政策研究所(ISEP)
【後援】東京都環境局、経済産業省、環境省
【プログラム】
 13:30〜 主催者挨拶
 13:30〜14:30 登壇者によるプレゼンテーション(各15分) (*敬称略)
 ●「東京都の再生可能エネルギー政策」
   大野輝之(東京都環境局企画担当部長)
 ●「環境金融の新しい流れ」
   末吉竹二郎(国連環境計画(UNEP)・金融イ二シアテイブ特別顧問)
 ●「都市における住まいと自然エネルギー」
   甲斐徹郎(株式会社チームネット代表取締役)
 ●「自然エネルギー市場という新しいパラダイム」
   飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長、「自然エネルギー促進法」推進ネットワーク代表)
 14:30〜14:50 休憩
 14:50〜16:30 登壇者によるディスカッション

【お申し込み方法】
 horaguchi_yumeki@isep.or.jp
 宛てに「3月21日シンポジウム参加申し込み」と題したメールをお送り下さい。
【申し込み期日】
 3月19日(日)
※なお、通常はメールを受信した時点でお申し込み完了とさせていただき、当方からの返信は省略させて頂きます。万一、参加者多数によりご参加いただけない場合のみこちらから返信いたします。

▼お申込み・お問い合わせ先について▼

「自然エネルギー促進法」推進ネットワーク(GEN) 担当:洞口
〒164-0001東京都中野区中野4-7-3
phone: +81-3-5318-3332, FAX:+81-3-3319-0330
www.jca.apc.org/~gen/

==========================

【登録日】2006.03.09

[NPO法人 環境エネルギー政策研究所]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2006.03.09

【登録者】環境エネルギー政策研究所