一般財団法人環境イノベーション情報機構

イベント情報シンポジウム・地球温暖化に対処するための税体系を考える

シンポジウム・地球温暖化に対処するための税体系を考える

【カテゴリ】 地球環境 地球温暖化

【開催日】2006.03.29

【開催地】東京都


●シンポジウム●
◆気候変動/地球温暖化に対処するための税体系を考える◆

 地球温暖化防止/京都議定書目標達成のため、炭素税/環境税導入に関する議論が活発化しています。昨年度はその導入は見送られましたが、今年も与野党で継続して審議されることとなります。
 また、既存のエネルギー税制の改革論議も進展を始めています。政府が進めている特別会計の見直し作業の中で、既存のエネルギー課税を歳入とする特別会計(石特・電特会計/道路特別会計)の改革がとりあげられています。
 こうした議論は、経済同友会が今年1月に提言「環境配慮型の税体系を考える−地球環境を保持する国民的ビジョンの構築に向けて−」を発表するなど、企業・経済界も含めた形で、新たな展開を見せ始めています。
 本シンポジウムでは、気候変動/地球温暖化に対処するための税体系に関し、炭素税/環境税に消極的な立場の方々を含め、様々な意見をもつ人々の見解を共有し、今後を展望します。

【日時】2006年3月29日(水)18:15〜20:50(開場17:45)

【会場】星陵会館ホール
  住所:東京都千代田区永田町2-16-2 TEL:03-3581-5650
  ・有楽町線・半蔵門線永田町駅6番出口(徒歩3分)
  ・千代田線国会議事堂前駅5番出口(徒歩5分)
  ・銀座線・丸の内線赤坂見附駅(徒歩7分) 

【参加費】一般1,500円、学生1,000円

【プログラム】(※敬称略)
 18:15〜18:20:シンポジウム趣旨説明
 18:20〜18:45:
  報告「炭素税の経緯、炭素税研究会の提案」
     畑直之(気候ネットワーク常任運営委員/炭素税研究会)
 18:50〜20:50:
  パネルディスカッション
   地球温暖化に対処するための税体系のあり方
   <パネリスト>
     柿本寿明(経済同友会「環境税を考えるプロジェクト・チーム」委員長/
           日本総合研究所シニアフェロー)
     永里善彦(株式会社旭リサーチセンター代表取締役社長)
     糟谷俊秀(経済産業省環境政策課長) 
     鎌形浩史(環境省環境経済課長)
     足立治郎(「環境・持続社会」研究センター事務局長/炭素税研究会) 
   <司会>
     植田和弘(京都大学教授)

【主催】「環境・持続社会」研究センター(JACSES)
【共催】気候ネットワーク、炭素税研究会

【お申込み方法】「3月29日シンポジウム参加申込み」を明記の上、JACSESホームページ(http://www.jacses.org/)から、もしくはFAXにてお申し込みください。
 *FAXの場合、「お名前」「ご所属」「返信のためのご連絡先」もお忘れなくご記入下さい。
 また、3月25日は、事務所移転作業のためFAXでのお申込みを受け付けかねますのでご容赦下さい。

【お問い合わせ先】
 特定非営利活動法人「環境・持続社会」研究センター(JACSES) 
 <3月24日まで>東京都港区南麻布5-2-32興和広尾ビル2階
  電話:03-3447-9515 FAX:03-3447-9383 E-mail:jacses@jacses.org
 <3月26日より>東京都千代田区飯田橋2-3-2三信ビル401
  電話:03-3556-7323 FAX:03-3556-7328 E-mail:jacses@jacses.org

【登録日】2006.03.23

[NPO法人 気候ネットワーク]今後のイベント

登録者情報

【登録日】 2006.03.23

【登録者】気候ネットワーク