EICネット
前のページへ戻る

エコチャレンジャー

環境問題にチャレンジするトップリーダーの方々との、ホットな話題についてのインタビューコーナーです。

トップページへ

グローバルメニュー
  • 国内ニュース
  • 海外ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境リンク集
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

エコチャレンジャー

環境問題にチャレンジするトップリーダーの方々との、ホットな話題についてのインタビューコーナーです。

No.008

Issued: 2012.08.06

第8回 モンベル辰野会長が語る、自然に遊び、自然に学んだ人生[1]

実施日:平成24年7月19日(木)
聞き手:一般財団法人環境情報センター 理事長 大塚柳太郎

子どもの頃は身体が弱く、遠足の金剛山登山にも連れて行ってもらえなかった

辰野勇(たつのいさむ)さん
辰野勇(たつのいさむ)さん
株式会社モンベル代表取締役会長、冒険家、野外活動家。
1969年アイガー北壁を最年少登攀、日本初のロッククライミングスクール開校、障害者カヌー支援、阪神大震災・東日本大震災「アウトドア義援隊」による支援などでも活躍。

大塚理事長(以下、大塚)―  本日はお忙しい中、EICネット・エコチャレンジャーのインタビューに応じていただきありがとうございます。
 辰野さんは登山家として素晴らしい活躍をされ、さらにはカヌーやカヤックを操り、大きなスケールで自然を体験されると同時に、多くの人びとが自然と接する機会をつくりだそうとさまざまな活動をされておられます。今日は、環境を考える原点ともいえる自然とどう付き合うべきかなど、豊富な体験談を交えてお伺いできればと思っています。
 辰野さんは22歳のとき、アイガー北壁に最年少で登攀(とうはん)されました。その快挙は私の記憶にも強く残っているのですが、その前のことから話をはじめていただけますか。

辰野会長― 僕は大阪府の堺市に生まれたのですが、子どものころは身体が弱かった。小学生のとき、大阪府で一番高い金剛山の登山に連れて行ってもらえなかったくらいです。

大塚― ちょっと驚きました。

辰野会長― 校医さんの判断で、君は居残りなさいと言われたのです。友達は楽しそうに行くのに、すごく口惜しくて。山への思いはそのころから募るようになりました。中学校に入ったころから少し身体も強くなり、近くの里山に登りはじめました。そうしているうちに、高校1年生の国語の教科書で、オーストリアの登山家ハインリッヒ・ハラーの『白い蜘蛛』の一節に出会いました。『白い蜘蛛』とは、ヨーロッパアルプスの最難関といわれるアイガー北壁の途中にある難所、下から見るとまるで白い蜘蛛が手足を拡げたように見える氷壁のことです。その氷壁を登っている最中に雪崩に遭遇したり、ハラハラドキドキする内容でした。ハラーたちは初登攀を果たすわけで、子ども心に憧れたのです。いつか、この山に登ってみたいと一念発起したわけです。

アイガー北壁を最年少登攀

アイガー北壁を最年少で登攀
アイガー北壁を最年少で登攀

大塚― 中学生・高校生のころに、『白い蜘蛛』をはじめいろいろな刺激を受けたのですね。日本初のクライミングスクールを創ったり、あるいはモンベルを創業され多くの方に登山を楽しんでもらおうと、そのころから考えられていたのでしょうか。

辰野会長― 高校1年生のとき、さきほどの本に出会っても、当時は登山を教えてくれるような先輩もいなかったし、ましてや登山学校などは一切ありませんでした。自分で見よう見まねで工夫しながら、ロッククライミングはどういうものかを学習したのです。5年後に、素晴らしいパートナーに巡り会って、アイガー北壁を日本人では二番目に登攀しました。ハインリッヒ・ハラーから数えて60番目のパーティーですが、生きて2人が登攀したのは実は僕らがはじめてでした。それまで60人のクライマーが亡くなっていましたので、確率は2分の1だったのです。当時、最年少の22歳といわれましたが、正確には21歳でした。7月31日が僕の誕生日で、登攀したのが7月21日でしたから。
 最年少で登ったということもあって、おこがましくも「天狗」になったというか、登山技術を教えたいと思いたったのです。学校という形できちっとカリキュラムを組み、山登りの理論から伝えたいと、ロッククライミングスクールをはじめました。

大塚― 最初のころはどうでしたか。

辰野会長― ロッククライミングスクールに最初に申し込んできたのが、実は今モンベルの社長をしている真崎文明です。彼と一緒に創業にあたったのです。そういう情熱をもった人は当時もいたのですね。そういう人たちに、登山学校は必要と手応えを感じました。

山の技術や歩き方の習得に対価を支払うという概念が、当時はなかった

大塚― ご苦労もいろいろとあったと思いますが、印象に残っていることをお聞かせください。

辰野会長― お金を払って山登りを教えてもらうということ自体、そういう概念がなかったのですよ。テントや寝袋にはお金を払うけれども、山の技術とか、歩き方とか、そういうことのためにお金を払うという概念がなかったのです。それをまずは理解していただく、逆に言うと、それに応えるだけのノウハウを我々がしっかりともたないとダメだということで、がんばったのを覚えています。

大塚― 辰野さんらが努力された結果ともいえるのでしょうが、今では山に登る人はずいぶん増え、裾野が広がっていると思います。ところで、マスコミでは、山ガールとか、中高年登山とかがよく取り上げられています。良い面、悪い面を含めいろいろに語られますが、パイオニアの目からみて、一般の人びとの山との付き合い方をどのように感じておられますか。

辰野会長― 時代、時代に、ブームという言われ方がされてきました。ある時は第一次登山ブーム、また第二次登山ブーム、それから中高年登山ブームとか、今は山ガールですか。世間でそういわれますけれども、半世紀近く山とかかわってきた僕としては、あまり意識したことはありません。
 端的に申し上げると、あれだけ素晴らしいところに行かない方がおかしいと思っています。男性であろうと、女性であろうと、おとなであろうと、子どもであろうと、高齢者であろうと、あの素晴らしい自然の中に身をおいて、不快な思いをする人はいないはずです。中高年登山ブームとか、山ガールとかいうと、山に行く人びとを決めつけているみたいで困ったものです。そうではなく、自然というものは、あまねくすべての人びとが集う場なのです。このことは、この先、何十年何百年経っても変わらないと思います。

ページトップ