EICネット
前のページへ戻る

エコチャレンジャー

環境問題にチャレンジするトップリーダーの方々との、ホットな話題についてのインタビューコーナーです。

トップページへ

グローバルメニュー
  • 国内ニュース
  • 海外ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境リンク集
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

エコチャレンジャー

環境問題にチャレンジするトップリーダーの方々との、ホットな話題についてのインタビューコーナーです。

No.010

Issued: 2012.10.05

第10回 中野良子オイスカ・インターナショナル総裁に聞く、国際協力と環境保全の取り組みの歴史[1]

実施日:平成24年9月5日(水)16:00〜16:40
聞き手:一般財団法人環境情報センター 理事長 大塚柳太郎

発展は大事だけれども、物質面だけ、経済面だけが発展したのではまずい

中野良子(なかのよしこ)さん
中野良子(なかのよしこ)さん
オイスカ・インターナショナル総裁、公益財団法人オイスカ会長、公益財団法人国際文化交友会理事長。2009年勲章(旭日中綬章)受賞、1999年マレーシア国王よりDATUKの称号授与ほか。著書に「アジア発、地球へ」(国際開発ジャーナル社)、「凛として、生命」(清流出版)など。

大塚理事長(以下、大塚)―  本日は、EICネットのエコチャレンジャーにお出でいただきありがとうございます。中野さんは国際NGOのオイスカ・インターナショナルの総裁など、多くの職務につかれて、アジア太平洋地域の環境保全あるいは農村開発のために活躍されておられます。今日は、途上国における植林などについて、多くの体験をもとにお話しを伺えればと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。
早速ですが、オイスカの活動の歴史について、中野さんご自身の経験を踏まえてご紹介いただけますでしょうか。

中野さん― 昨年、2011年はオイスカ創立50周年を迎え、今年は51年目ですから、語れば大変長い話しになってしまいます。

大塚― 創設のころは、日本でNGOの活動もめずらしかったのでしょう。

中野さん― NGOという言葉も日本にはありませんでした。国際協力という言葉もまれでした。創設が51年前ですから、昭和36年のことですが、それに先立つ昭和20年代は日本自身が戦争の廃墟の中から立ち上がろう、自分たちの食糧を含め、復興していこうという必死に生きた時代でした。20年代も末頃から日本が目指したのは経済発展でした。経済発展に焦点を絞ってまっしぐらに走り出したときに、創設者の中野與之助(中野良子氏の父)が「待った」をかけた形です。発展は大事だけれども、物質面だけ、経済面だけが発展したのではまずいと。物質面と心の面が車の両輪のように相調和しながら進んでいかないと、世紀末には車がひっくり返ってしまうと言ったのです。それは日本に対する警告でもあったのですが、人類世界全体の問題として世界にも発信し、それを実行に移したということです。
今思うと、そのとおりに進んだという面も強く、環境問題、それに対するエコの活動が重要になっています。地球上のすべての人びとが、解決するための道を切り拓いていかなければならないところにきたと痛感しております。

大塚― オイスカの活動は、戦後の日本が変わろうとする時代に先を見越したもので素晴らしかったと思います。国際的な視点、国際協力、とりわけ途上国に協力するという視点は、どのようなところから出てきたのでしょうか。

中野さん― それまで、欧米が世界を引っぱってきたと思います。科学の世界でも、政治や経済の面でも欧米が引っぱってまいりました。ところが、戦後の世界を広く見渡すと、アジアには植民地から解放され独立を勝ち得た国が多くありました。まず、インドがそうですね。ほかにも、マレーシア、フィリピン、インドネシアなど、たくさんあります。国連に新たな独立国の旗を並んで立てる場所が足りないという状況でした。それまでの50数か国の旗と旗の隙間に新しい国が旗を立てたのです。こうして多くの国は植民地のくびきから離れることはできましたけれども、国民を十分に食べさせていく力がない状態でした。世界の国々が援助国と被援助国に分かれ、援助を前提とする世界の構図がつくられることになったのです。
そういうときに、「物質面での発展だけではないぞ」という発信をしたことになります。ちょっと厳しい発信だったかもしれませんが、意外と途上国に受け入れられたのです。精神文明という意味では、インドをはじめとして、仏教国のスリランカ、タイ、ミャンマーなども伝統的にしっかりした土壌をもっています。とはいえ、実際に食べていくことに汲々とする中で、自分たちでは農業を発展させていくことができず、援助してもらうという状態でした。

精神論を話していても、それだけでは「物」が生まれてこない

大塚― オイスカがアジアの国々で活動を開始されたときは、食糧自給という農業の発展に重点をおかれたわけですね。

中野さん― そうです。昭和36(1961)年に、最初の精神文化国際会議を開催しました。予想以上に反響があり、多くの方々が日本にこられました。貧しい国々からも、文化人、学者、ジャーナリスト、宗教家などさまざまな人たちが集まりました。しかし、一所懸命精神論を話していても、それだけでは「物」が生まれてこないのです。
そうこうするうちに、インド亜大陸を大干ばつが襲いました。1960年代の半ばでした。精神論を話している場合ではないと、日本の篤農家の方々に呼びかけたのです。そのころは、日本もまだ一所懸命だったときです。ようやく前途の光を見出したころでしたが、そのころの復興のスピードというか、日本人のバイタリティというか、エネルギーはすばらしかったと思います。1964年には東京オリンピックがあり、高速道路ができ、新幹線も走りました。そのようなとき、インドなどの国々では毎日のように何千人という餓死者が出ていたのです。
一所懸命、篤農家のボランティアを募りました。戦争で迷惑をかけた国もありますし、昔は鉄砲と機関銃をもっていったのを、鍬とスコップにもちかえていこうという人たちに集まっていただきました。まずはインドに向かいました。餓死者が多く出ておりひどい状態でした。精神文化国際会議に参加された方々が地方政府などに働きかけ、受け入れ体制が十分とはいえないまでも準備を整えてくれました。

大塚― インドは広い国ですから大変だったと思います。どのあたりに行かれたのですか。

中野さん― ジャム・カシミール地方、パンジャブ州、ウタルプラデッシュ州、ハリアナ州など、主に北部ですね。日本の人たちは、目的地に着いて荷物を置いたらすぐに作業に取りかかるのです。フード・ファースト(Food First)という合い言葉の下で、インドの人たちと一緒になってやろうとしました。ところが、インドの人たちは最初のころは田畑にはいりませんでした。カースト制度があったからです。日本人はネクタイを締めきちんとした服装で大使館にも出入りする一方で、野良着に着替えて働いたのです。このように、昭和47年までインドに行った人たちが頑張ってくれました。この活動が、ほかの国々へも波及したのです。タイ、フィリピン、インドネシア、パキスタン、バングラディシュ(当時は東パキスタン)、スリランカなどです。
思い起こしますと、それまでに開催した会議で、出席者からいろいろな考え、たとえばヒンズー教のお坊さんたちの考えを聞いたりしておりました。中には、餓死者がたくさん出ているのに、宗教家が農業という次元の低いことに話題を落としてはいけないという意見もありました。日本人のように切り替えてもらうのに大変時間がかかりました。

植林の活動もすべて、現場から出てきた発想でした

「子供の森」計画に参加するマレーシアの子どもたち
「子供の森」計画に参加するマレーシアの子どもたち

大塚― 食べることは基本ですから、もっとお話しを聞きたいところですが、農業とも関係が深い植林などの環境保全には、どういうところから取り組みをはじめられたのでしょうか。

中野さん― すべて、現場から出てきた発想でした。現場で活動していると、環境問題が切実になっていたことに気づかされたのです。農業にはまず水が必要ですが、フィリピンの農民たちが、「雨季になっても雨が降らない。雲が出ない」「山を見たらハゲ山だ」「あの山は昔は木が一杯あったけれど、みんな日本がもっていった」と言うのです。確かに当時の日本は安い外材を輸入し、国内の山の手入れは放置された経緯があります。日本だけでなく、アメリカももっていったとしても、まず山に木を植えなければいけないという声があがってきたのです。これが、植林のきっかけです。ちょうどこの時期、「アジア太平洋地域開発青年フォーラム」を組織して青年たちによる農村開発にも取り組んだときで、のちに、植林活動はこの域内の青年たちとの共同による取り組みとなって行きました。このフォーラムの第1回会合は、1976年にタイで開催しましたが、タイ国の首相のご参加もいただき、若者たちに農村開発の動機づけを進めていくことになりました。

大塚― オイスカの方々がタイに出向いてなさったのですね。

中野さん― タイを会場に選んで、アジア太平洋地域から若者がたくさん参加したのです。その後、開催地を他国に広げながら回を重ね、1980年の第7回の会合はスリランカで開きました。これにも、スリランカの首相が参加されました。この会合で、本格的に植林をやろうということになったのです。「Food First」もつづけていたのですが、それに加え、「Love Green」というキャッチフレーズで青年たちの植林活動がはじまったのです。しかし、この活動をとおしてわかってきたのは、大人たちが植林に参加する動機が日当を得ることだったのです。その背景には貧困が大きく影を落としており、そのことを再認識させられました。
この体験から、オイスカは「子供の森」に発想を移したのです。1991年のことでした。「子供の森」計画(CFP: Children's Forest Program)は、子どもを主役に、学校の先生たちに理解してもらって進めています。子どもたちは純粋な気持ちで一所懸命植えるのです。植えた後に水をやらなければいけないとか、山羊に食べられたら困るからお父さんに柵をつくってくれとか、親まで動かすのです。そうすると、村人全員が、山に入っても子どもが植えた木を伐らないのです。皆で木を護る空気が流れ、学校の先生が「子どもたちの集中力が高まり勉強もよくやるようになった」と言われるように、さまざまな波及効果も生じました。

アルゼンチンでの「子供の森」計画に参加する中野さん
アルゼンチンでの「子供の森」計画に参加する中野さん

大塚― フィリピンはどのあたりではじめられたのでしょうか。

中野さん― ミンダナオ島です。

大塚― ミンダナオ島は日本とは縁が深い地域ですね。ところで、植林する苗木も現地でつくられたのですか。

中野さん― そうです。全部現地産です。フィリピンでは、ジェミリーナやマホガニーという早生樹を植えてきました。植林は山だけでなく、海でもマングローブを植えています。CFPではありませんがフィジーでは、海が汚れサンゴが白化して死ぬケースも増えており、地域住民と共にサンゴの「植林」にも取り組んでいます。サンゴの「苗木」を育て、岩に付着するよういろいろと手法を試しています。

大塚― ところで、「子供の森」は何ヶ国でなさっているのですか。

中野さん― 今年になってアメリカやアルゼンチンなどが加わったので、現在は32ヶ国になりました。

ページトップ