EICネット
前のページへ戻る

EICピックアップ

環境を巡る最新の動きや特定のテーマを取り上げ(ピックアップ)て、取材を行い記事としてわかりやすくご紹介しています。

トップページへ

グローバルメニュー
  • 国内ニュース
  • 海外ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境リンク集
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
目次
魚類野生生物局第6地域事務所
繁殖環境のモニタリング
捕食動物駆除(Predator Control)
【1】自然資源プログラムセンターでのインタビュー
第25話「国立公園局自然資源プログラムセンター」
【2】魚類野生生物局の地域事務所
魚類野生生物局第6地域事務所ウェブサイト
FWS Mountain-Prairie Region
各地域事務所の担当区域については、第17話 「オレゴン州、ワシントン州遠征」参照。

No.180

アメリカ横断ボランティア紀行(第26話)
大陸横断(デンバー)

Issued: 2010.07.15

大陸横断(デンバー)[1]

魚類野生生物局の第6地域事務所
魚類野生生物局の第6地域事務所

 自然資源プログラムセンターでのインタビュー【1】を終え、フォートコリンズからコロラド州の州都デンバーへ移動する。デンバーは、学園都市フォートコリンズとは打って変わって大きな都市だった。
 デンバーでは、魚類野生生物局の第6地域事務所と、国立公園局のデンバーサービスセンターを訪問する予定だ。

魚類野生生物局第6地域事務所

 魚類野生生物局の第6地域(Region 6)事務所で対応してくれたのは、副事務所長のコールマン(Coleman)さんと、ノースダコタ州及びサウスダコタ州保護区スーパーバイザーのクレイ(Krey)さんだった。

 第6地域事務所【2】は、モンタナ州、ワイオミング州、ユタ州、コロラド州、ノースダコタ州、サウスダコタ州、ネブラスカ州、カンザス州の8州を所管する。この地域の特徴は、農地内に点在する大小の湖沼がガンカモ類(Water Fowl)の重要な繁殖地になっていることだ。こうした湿地帯は、ウェットランド管理地区(Wetland Management District)に指定され、繁殖環境の保全が図られている(図1)。

【図1】ウェットランド管理地区 区域図
【図1】ウェットランド管理地区 区域図

 中でも、ノースダコタ州及びサウスダコタ州を中心とする地域は重要で、その責任者がクレイさんだ。
 「魚類野生生物局では、このような水鳥の繁殖に重要な役割を果たしている農地を買い上げて保全するのではなく、『イーズメント』という手法で保全しています」

繁殖可能なガンカモ類のつがいの分布状況。赤色(1平方マイル当たり100つがい以上)の区域がノースダコタ州及びサウスダコタ州に集中していることがわかる。
繁殖可能なガンカモ類のつがいの分布状況。赤色(1平方マイル当たり100つがい以上)の区域がノースダコタ州及びサウスダコタ州に集中していることがわかる。

 「イーズメント」という言葉を聞いたことがなかったので、お話しを伺いながら電子辞書を引いてみる。日本語では「地役権」と呼ばれるらしい。自分の土地に水などを引くため隣接する土地に水道管を埋設する際に関係してくる権利などが例示として出ていた。この権利が水鳥の保護とどのような関係にあるのだろうか。
 「保全イーズメント(Conservation Easement)は、農地にかかる一部の権利を購入する手法です。一般的なものとしては、農地内の湖沼の埋め立てや、水を抜くなど水位の増減などに関する権利を購入するものです」
 「ノースダコタ州からサウスダコタ州にかけての一帯には、氷河により形成されたプレーリーポットホール湿地(Prairie Pothole Wetland)が広がっています。これらの湿地は、草丈の高い草地に囲まれていて、ガンカモ類の繁殖地として絶好の条件を備えています。かつては、アイオワ州、ミネソタ州にもこのような湿地が広がっていましたが、ほとんどすべてトウモロコシ畑やダイズ畑に転用されてしまいました」
 「そのような過ちを繰り返さないためにも、ノースダコタ州とサウスダコタ州でのイーズメントには力を入れています」
 ガンカモ類が、この地域で繁殖するのは毎年6月ごろだ。だから、その時期だけ繁殖に必要な生息環境が維持されればいいことになる。
 「家畜の放牧によって草地が維持され、結果として水鳥の生息環境の保全にもつながります。政府としては、牧草地が耕作地に転用されないこと、農地内の湖沼が埋め立てられないようにすることさえ確保できれば、土地を購入する必要はないわけです」
 生息地を国有化するためには、土地の購入費用ばかりではなく、国有地を管理していくための莫大な予算と人員が必要になる。
 一方、農家にとってもイーズメントにはメリットがある。転用や排水の権利を売却することにより土地利用が制約されることになるため、固定資産税が低減されるのだ。中には節税目的でイーズメントの寄付に積極的な土地所有者もいるそうだ。
 「牧草は、通常6月と9月の2回刈り取られますが、このうちガンカモ類の繁殖期に当るのは6月のみです。イーズメントの買い取り価格は、この刈り取り権1回分となるわけです」
 リージョン6事務所でのイーズメントの導入の歴史は長く、1958年頃から開始されている。
 「イーズメントを主たる保全手法として積極的に活用しているのは、現在のところ全米でもこの地域だけです。この地域では、ガンカモ類の繁殖地保全が、農業と共存できるのです」

 問題はいくつかある。イーズメントは費用的な負担が比較的小さいといっても、拡大していこうとすると必要とされる予算は膨らんでいく。
 「国立野生生物保護区とイーズメントを合わせても、繁殖エリア全体の20%に過ぎません」
 また、制度的な課題もいくつかある。そのひとつが契約内容の履行の確保だ。権利料の支払いは、権利を購入する時に一度支払われるだけだ。そのため、将来に渡ってその土地所有者が契約内容を遵守するインセンティブが働きにくい。
 「特に、土地所有者が代わった際に、イーズメントの契約内容が正しく伝わっていない場合が多いのです」
 このような問題を解決するためには、土地利用のモニタリングが不可欠になる。実際に農地の状況をモニターして、契約違反がないか定期的に調査を行っているという。
 「モニタリングには、航空機を使います。上空から目視で確認し、沼の水が排水されていないか、埋め立てられていないか、ということを年に2回調べています」
 毎回の調査は、2機の航空機により、それぞれ6週間かけて行われる。違反が見つかった場合には、土地所有者に事実関係を確認した上で原状復旧を求める。調整がうまくいかないと、裁判に発展することもあるという。
 「この地域はもともとあまり政府を信用しないような風潮があり、違反に対する抵抗感が少なく、取り締りには苦労します」

繁殖環境のモニタリング

 事務所では、イーズメントの有無にかかわらず、鳥類の生息・繁殖状況に関するモニタリングを実施している。
 「繁殖状況のモニタリングは、これまで12年間実施しています」
 まず、生息地全体に1辺2マイルのグリッド(方形区)を設定し、調査対象をランダムに抽出する。抽出されたグリッドを5月及び6月に現地踏査する。調査では、生息している鳥類を雌雄別に全数カウントし、その結果をコンピューターモデルにより解析する。解析は、ノースダコタ州ビスマルクにあるフィールドオフィスで行われる。
 「調査には、政府職員のほか、ボランティアにも参加してもらっています。ただし、私有地は立ち入りを拒否されることがあるので、その場合には代替調査地を再度ランダムに抽出する必要があります」
 このモニタリングにより得られる自然資源データは、この地域の鳥類保護の鍵といえる。年ごとの気象状況の変化もあるため、長期間の継続的なモニタリングから得られるデータは大変貴重である。

捕食動物駆除(Predator Control)

 「ガンカモ類の繁殖率向上の一環として、捕食動物の駆除も行っています」
 捕食動物の駆除とは奇妙に響く。ガンカモ類の繁殖率を向上することは重要だが、それは健全な生態系の維持が前提だ。捕食は食物連鎖の一部といえる。ガンカモ類のために、なぜ他の動物を殺さなければならないのだろうか。
 「この対策費用は、NPOを通じてガンカモ類を狩猟するハンターにより負担されています。ハンターは主にミシシッピー川下流域で猟をするのですが、その地域のガンカモ類の80%はこの地域で繁殖しているといわれており、このような捕食動物駆除がほぼダイレクトに狩猟対象個体数の増減に影響するのです」
 つまり、狩猟対象であるガンカモが増えるように、受益者であるハンターが対策費用を負担しているのだ。
 「駆除は、3月〜7月に行われます。実際の駆除は個人が請け負い、3ヶ月間の給与と、繁殖率が平均に比べ40%以上改善された場合には、ボーナスを支払うという仕組みになっています」
 こうした賃金はNPOを通じて請負人に支払われる。事務所は、毎年繁殖率のモニタリングを行い、その結果に基づきNPO団体に助言を行うという。野生生物保護行政を担う魚類野生生物局として、こうした対策をどう捉えているのだろうか。

ページトップ