EICネット
前のページへ戻る

EICピックアップ

環境を巡る最新の動きや特定のテーマを取り上げ(ピックアップ)て、取材を行い記事としてわかりやすくご紹介しています。

トップページへ

グローバルメニュー
  • 国内ニュース
  • 海外ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境リンク集
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

No.208

Issued: 2012.06.28

中国発:2011年中国環境白書を読む[1]

北京を襲った黄砂
北京を襲った黄砂

 毎年恒例になっているが世界環境デーの2012年6月5日、今年の中国環境白書(「2011年中国環境状況公報」)が発表された。同日に行われたプレスリリースでは、環境保護部呉暁青副部長(副大臣に相当)が白書のポイントについて総括している。2011年中国環境白書の要点を過去の傾向と比較しながらまとめてみた。

 環境保護部呉暁青副部長は、会見で2011年の環境の状況について次のように総括した(注:見出しは筆者作成)。それぞれのパラグラフについて図表を付け加えてわかりやすく解説した。

2011年主要汚染物質の排出状況

 統計によれば、2011年の全国廃水排出量は652.1億トンで、そのうち化学的酸素要求量の排出量は2,499.9万トン、アンモニア性窒素の排出量は260.4万トン、廃ガス中の二酸化硫黄排出量は2,217.9万トン、窒素酸化物排出量は2,404.3万トン、工業固体廃棄物の発生量は32.5億トンであった。2011年のモニタリング結果は全国の環境の質の状態は全体的には平穏な状態を保っているものの形勢は依然として厳しく、多くの困難と挑戦に面していることを表している。

(解説)
 2011年3月に策定された国民経済と社会発展第12次5カ年計画では、4つの汚染物質について排出総量削減に関する拘束性目標(強制目標)が策定された(表1)。
 2011年の実績は、化学的酸素要求量2.04%削減、アンモニア性窒素1.52%削減、二酸化硫黄2.21%削減、窒素酸化物5.73%増加という結果で、窒素酸化物の削減実績が非常に悪く、逆に大幅に増加した。今後4年間で16%近く削減しなければならない厳しい状況になった。しかし、これを直ちに好転させることは難しく、2012年の単年度目標を「現状維持」においている。

表1 第12次5カ年計画(2011-2015)の主要汚染物質削減目標と削減実績
指標 削減率(%) 2011年単年度
削減目標
2011年
削減実績
2012年単年度
削減目標
主要汚染物質の種類 化学的酸素要求量(COD) [8] 1.5% 2.04% 2%
二酸化硫黄(SO2) [8] 1.5% 2.21% 2%
アンモニア性窒素(NH3-N) [10] 1.5% 1.52% 1.5%
窒素酸化物(NOx) [10] 1.5% 5.73%
増加
0%
現状維持

備考:[ ]内は5カ年累計の数字
(出典)第12次5カ年計画、2011年中国環境状況公報等を基に筆者編集

水質汚染の状況

 第一に全国の地表水の水質は全体的に軽度の汚染状態にある。湖沼(ダム)の富栄養化問題は突出している。長江、黄河、珠江、松花江、淮河、海河、遼河、浙闽片河流、西南諸河及び内陸諸河等十大水系の469カ所の国がコントロールする観測点中、I〜III類、IV〜V類及び劣V類の水質の割合はそれぞれ61.0%、25.3%、13.7%であった。西南諸河の水質は優良の状態で、長江、珠江、浙闽片河流及び内陸諸河の水質は全体的に良好な状態で、黄河、松花江、淮河、遼河は全体的に軽度の汚染状態で、海河は全体的に中度の汚染状態であった。モニタリングを行った26の湖沼(ダム)中、富栄養化状態の湖沼(ダム)は53.8%で、そのうち軽度の富栄養化状態と中度の富栄養化状態の湖沼(ダム)の割合はそれぞれ46.1%、7.7%であった。モニタリングを行った200の都市の4,727カ所の地下水モニタリングポイント中、優良・良好・比較的良好な水質のモニタリングポイントの割合は45.0%で、比較的悪い・極めて悪い水質状態のモニタリングポイントの割合は55.0%であった。

未処理の生活排水が小河川に流入する
未処理の生活排水が小河川に流入する

未処理の生活排水で汚染された農村の小河川
未処理の生活排水で汚染された農村の小河川

(解説)
 これまでは長江、黄河、珠江、松花江、淮河、海河、遼河の七大水系を中心に評価してきていたが、今年の白書から十大水系の総合評価をはじめて採用した。水質分類のうちI〜III類は飲用水として利用可能な水質である。各水系別の汚染程度の状況は図1のとおりである。26の湖沼(ダム)は国が直接管理するものであり、その汚染状況は表2及び図2のとおりである。飲用に適するI〜III類の湖沼は11で、IV〜V類は13、劣V類は2であった。主要な汚染指標は全リン及び化学的酸素要求量であった。昨年に比べると最も水質の悪い劣V類の湖沼が10から2に激減するなど全体的に水質は改善されたように見えるが、水質の評価項目から主要な汚染原因物質であった全窒素をはずしたことが影響している。

表2 2011年重点湖沼・ダム水質類別
湖沼ダム類型 個数 I類 II類 III類 IV類 V類 劣V類
三湖(太湖、デン池、巣湖) 3 0 0 0 1
太湖
1
巣湖
1
デン池
大型淡水湖 9 0 0 1 4 3 1
都市内湖 5 0 0 2 3 0 0
大型ダム 9 1 4 3 1 0 0
総計 26 1 4 6 9 4 2
(参考)2010年 26 0 1 5 4 6 10

2011年の主要な汚染指標は全リン及びCOD
(参考)2010年の主要な汚染指標は全窒素及び全リン
出典:2010年、2011年中国環境状況公報をもとに筆者作成

【図1】2011年十大水系水質類別割合比較
【図1】2011年十大水系水質類別割合比較
※拡大図はこちら

【図2】2011年26重点湖沼・ダム水質類別分布
【図2】2011年26重点湖沼・ダム水質類別分布
※拡大図はこちら

海域汚染の状況

【図3】2011年沿岸海域汚染の状況
【図3】2011年沿岸海域汚染の状況
※拡大図はこちら

 第二に、中国が管轄している海域の海水水質の状態は全体的には比較的良好であったが、沿岸海域の水質は全般的に普通の状態であった。四大海区では、黄海沿岸海域の水質は良好で、南海沿岸海域の水質は普通で、渤海と東シナ海沿岸海域の水質は悪かった。9カ所の重要海湾中、黄河河口と北部湾の水質は良好で、胶州湾及び遼東湾の水質は悪かった。渤海湾、長江河口、杭州湾、闽江河口及び珠江河口の水質は非常に悪かった。

(解説)
 具体的な汚染状況は図3をみるとわかりやすい。白書本文では各海域に流入する汚染物質の量についても推計されている。

都市大気汚染の状況

天気のよい日でも微小粒子状物質で霞む空(黄砂を撮影したのと同じ場所)
天気のよい日でも微小粒子状物質で霞む空(黄砂を撮影したのと同じ場所)

 第三に全国の都市大気質は全体的に安定した状態にあった。ただし、微小粒子状物質による汚染は次第に明らかになってきた。酸性雨の分布地域は安定した状態を維持した。2011年、325の地区級及びそれ以上の都市(一部の地区、州、盟の所在地及び省が管轄する市を含む)中、古い基準に照らして評価すると、環境大気質基準を達成している都市の割合は89.0%で、基準を超過している都市の割合は11.0%であった。しかし、新しい大気質基準執行後は、中国の都市大気中の微小粒子状物質(PM2.5)による汚染が次第に明らかになりつつあり、2011年から一部の試験モニタリングを実施している都市におけるモニタリング結果を見ると、新しい環境大気質基準に照らして評価してみると(PM2.5年平均値の2級基準は35mg/m3)、多数の都市の微小粒子状物質は基準値を超え、年平均値は58mg/m3となっている。酸性雨の分布地域は主に長江流域及びそれ以南から青蔵高原以東の地域に集中している。酸性雨地域の面積は国土面積の約12.9%を占めている。

(解説)
 酸性雨の分布状況を図4に示した。分布に大きな変化はみられない。昨年まで県級レベル以上の都市について評価していたが、今年の白書から地区級市レベル以上の都市についての評価に変わっている(図5)。地区級市レベル以上の都市は県級レベルの都市より規模が大きい。2012年2月に新しい大気環境基準が発表され、2016年1月1日から施行されることになった。2011年の評価は現行の環境基準で行われている。現行の環境基準のうち、粒子状物質はPM10が基準になっているが(図6)、新環境基準ではこれに加えてPM2.5の基準も追加されたので、本文にあるように2011年から一部の試験モニタリングを実施している都市におけるPM2.5のモニタリング結果を紹介している。なお、白書本文ではPM2.5の試験モニタリングの結果は紹介されていない。

【図4】2011年全国酸性雨地域分布
【図4】2011年全国酸性雨地域分布
※拡大図はこちら

【図5】 2011年全国325地区級市以上の都市の大気環境基準達成状況(現行基準による評価)
【図5】 2011年全国325地区級市以上の都市の大気環境基準達成状況(現行基準による評価)
※拡大図はこちら

【図6】 2011年全国粒子状物質( PM10 )濃度分布
【図6】 2011年全国粒子状物質( PM10 )濃度分布
※拡大図はこちら

ページトップ