EICネット
前のページへ戻る

環境さんぽ道

様々な分野でご活躍されている方々の環境にまつわるエッセイコーナーです。
4人のエッセイスト(草田照子、幡野保裕、中澤弥子、下田明宏)が1年間、毎月交替して登場します。

トップページへ

グローバルメニュー
  • 国内ニュース
  • 海外ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境リンク集
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

環境さんぽ道

様々な分野でご活躍されている方々の環境にまつわるエッセイをご紹介するコーナーです。

No.052

Issued: 2016.04.08

風景を修復する ─合歓の郷からアマネムへ─

下田明宏(しもだあきひろ)さん

下田明宏(しもだあきひろ)さん
 工学院大学建築学部まちづくり学科教授。株式会社ディー・エム代表取締役。
 1955年東京都文京区生まれ。
 専門は、ランドスケープデザイン。地域特性を生かした外部空間のデザインを研究、実践。
 趣味は、ネコ、イヌ、花。

レセプションから英虞湾への眺望
レセプションから英虞湾への眺望

 三重県の志摩市で、約4年間にわたり建設に携わってきたホテルが、今年3月にオープンした。風光明媚な英虞湾の一角にある、全室がヴィラタイプの高級ホテル、アマネム(Amanemu)である。オーストラリア人建築家ケリー・ヒルが建築を担当し、私はランドスケープ(外部)のデザインを行った。5月の伊勢志摩サミットの際には、多くの海外の要人に使われることと思う。
 アマネムの建設地は、日本を代表する楽器・スポーツ用具メーカーであるヤマハが、60年代に開発したリゾート「合歓の郷(ねむのさと)」である。「合歓の郷」は、ゴルフ場、ホテル、音楽ホール、マリーナ、テニスコート、ゴーカート場など、高度経済成長期の日本人に、新しい時代の“遊び”とは何かを啓蒙した画期的なリゾートであった。中学生の私は、テレビで「合歓の郷」のコマーシャルソングを聞くたびに、新しい時代の到来を感じ、胸が高鳴ったものだ。
 ところで、志摩では、白い壁とスペイン瓦の“地中海風”のリゾートや別荘が矢鱈と目につく。おそらく、当時の日本人にとって、“遊び”=“非日常体験”=“見たこともない地中海”といった図式が分かりやすかったのだろう。「合歓の郷」も同様で、白い壁のホテルを中心に、自然林を伐開して、ゴルフ場をイメージした広大な芝生広場が造成されていた。
 しかし、本来、非日常体験とは何だろう。都会の“すれた”子供たちが、3泊4日のキャンプに行くと、すっかりリセットされて帰ってくる。普段、ツクリモノのなかで生活している都市生活者にとって、非日常体験というのは、ツクリモノの地中海を体験することではなく、自然であれ、歴史であれ、ホンモノの大きなパワーの中でリセットされることではないのか。
 ケリー・ヒルは、まず、「合歓の郷」は、もとの自然に戻す必要があると言った。また、この高級リゾートの建築スタイルには、日本の古民家がふさわしいとも言った。私は大賛成であった。この仕事は、“風景の修復”だな、と思った。老朽化したスポーツ施設は解体し、本来あるべきウバメガシやタブの常緑樹を植栽し、自然林の復元を図った。また、芝生の代りに、日本文化に馴染みの深いススキやササを植え込んだ。


 黒い板壁と瓦屋根のヴィラは、周囲の景観に溶け込み、志摩の他のリゾート施設とは全く異なるものとなった。
 最も劇的に変貌したのは、スパ施設である。この緑に囲まれた静かな温浴施設が、かつてはゴーカート場であったと誰が想像できるだろう。

古民家風ヴィラへのアプローチ
古民家風ヴィラへのアプローチ

英虞湾を見下ろすヴィラ
英虞湾を見下ろすヴィラ

スパ施設の入口
スパ施設の入口

スパ施設:温泉水プール
スパ施設:温泉水プール

スパ施設:トリートメントルームに隣接する苔庭
スパ施設:トリートメントルームに隣接する苔庭

かつてあったゴーカート場(2013年9月)
かつてあったゴーカート場(2013年9月)


 アレクサンダー・クロフト・ショーに見出された軽井沢。ブルーノ・タウトの桂離宮。日本人は、自分たちの持っている資源の素晴らしさを、往々にして海外の人に教えられてきた。そして、ケリー・ヒルの志摩。おそらく、これまで私たちは、リゾートというカタカナに恐れをなし、わざわざ自然を壊してまで“スペイン風”や“地中海風”でお茶を濁してきたのではないか。日本の伝統的な風景と古民家をテーマにしたアマネムが、伊勢神宮にも程近い志摩の地で、最も“異質な”リゾートとなったとは何とも皮肉である。
 「合歓の郷」の建設から50年近く経ち、日本では少子高齢化が進展し、人間と環境にやさしいまちづくりが求められている。質より量の時代には、全国一律に似たような住宅、オフィスビル、商業施設が建設され、また、何の脈絡もなく地中海風のリゾートが出現した。その結果、先人たちが営々と築いてきた地域の個性的な風景は、ことごとく破壊されてきたのである。私たちは、もっと自分たちが持っている資源の素晴らしさに気づき、自信を持ってもよいのではないか。そして、これからの時代に必要なのは、これまで安易に壊してきた風景を、少しずつでも地道に修復していくことであろう。それこそが、人間と環境にやさしい社会や、また、自動車やエレクトロニクス並みに世界に評価される“日本の風景”を作ることに繋がるのではないだろうか。



(写真の無断転写転載を禁止します)

(記事・写真:下田明宏)