一般財団法人環境イノベーション情報機構

機関情報第6回・全国菜の花サミットin四国実行委員会

第6回・全国菜の花サミットin四国実行委員会 (ダイロッカイゼンコクナノハナサミットインシコクジッコウイインカイ)【任意団体】

代表
760-0055 香川県 高松市観光通2-1-13−1F
電話
087-824-2264
FAX
087-835-1715
E-Mail
nanohana_2006@mail.goo.ne.jp
URL
http://nanohana.weblogs.jp

事業概要

活動分野
再生可能エネルギー、身近な自然の保全、バイオマス
目的
全国で菜の花プロジェクト*に取り組む団体や個人が一堂に会す「全国菜の花サミット」を、四国で初めて開催する。各地の先進的な工夫やユニークな地域モデルに学ぶ機会をつくるとともに、県内・四国域内の団体・個人がネットワーク化する契機となることめざす。
「菜の花プロジェクト」を通して、香川県内ひいては四国域で地域社会の意識的な再生産と持続可能なエネルギーシステムへの移行(地球温暖化対策)とをはかる。
事業概要
第6回・全国菜の花サミットin四国
【内 容】 5月13日:10:00〜17:00
地域の取組み等の展示開始(多目的広場)
12:00〜受付開始
13:00〜サミット全国集会(サンポート高松シンボルタワー1F展示室)
オープニングメッセージ:
加藤 登紀子氏 国連環境計画(UNEP)親善大使 他 挨拶
基調講演:
西村 登 静岡県トラック協会 環境対策委員長 
「ディーゼルの逆襲」
パネルディスカッション:
「ディーゼルの逆襲と資源作物の展開」
コーディネータ:藤井絢子(NPO法人菜の花プロジェクト代表)
パネリスト  :末松広行(内閣官房参事官)
        海東英和(滋賀県高島市長)他
リレートーク :テーマ「第二の地域モデル発表会」
サミット宣言採択
18:00〜交流会(サンポート高松内)
5月14日: 7:30〜きいろいエネルギー体験ツアー
ひまわり(まんのう・善通寺)コース:100名
なのはな(豊島)コース:50名
主要成果物

運営

設立年
2006
管轄官庁・親機関
環境省・中四国農政局
職員・スタッフ数
無給非専従2人
年間予算規模
活動地域
香川・四国

[第6回・全国菜の花サミットin四国実行委員会]今後のイベント

[第6回・全国菜の花サミットin四国実行委員会]これまでのイベント