EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
環境科学会                
次の記事へ
 件数:33件
 カテゴリ:「健康・化学物質」
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

サブカテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
水・土壌環境 >> 水質汚濁
健康・化学物質 >> 有害物質/PRTR
環境科学会 【社団法人】
シャダンホウジン カンキョウカガッカイ
英名:Society of Environmental Science, Japan  略称:SES
代表
135-0006  東京都 江東区常盤2−9−7 グリーンプラザ深川常盤201
2-1-6, sengen, Tsukuba, Ibaraki, JAPAN
Tel. 03-3634-2942
Fax. 03-3634-2943
E-Mail jdz07103@nifty.ne.jp
URL http://wwwsoc.nii.ac.jp/sesj/
 事業概要 |
活動分野  地球温暖化、水質汚濁、有害物質/PRTR
目的  環境科学会は、人間と環境に関わる学問分野の専門家及び研究者等相互の交流を図り、さらに、その有機的連携のもとに、環境科学に関する諸問題を学際的及び総合的に調査・研究し、もって、環境科学の学術文化の発展に寄与するとともに、これらの成果の普及及び啓蒙に努め、世界の環境保全・創造に貢献することを目的とする。
事業概要  環境科学会の事業としては、以下のものがあげられる。
一 年会、討論会及び講習会等の開催
二 学会誌及び学術図書の刊行
三 環境の保全・創造に関する調査及び研究
四 研究の奨励及び研究業績の表彰
五 内外の関連学協会等との交流及び協力
六 会員相互の情報及び研究の交流
七 その他前条の目的を達成するために必要な事業
主要成果物  なし
 運営 |
設立年  1987
管轄官庁・親機関  文部科学省・環境省
職員、スタッフ数  有給専従2人、無給非専従27人
年間予算規模  収入 支出
活動地域  全国
 環境情報・定期刊行物等 |
定期刊行物等  環境科学会誌
定期刊行物等の提供先 
・有料実費無料等  
会員に送付
問い合わせ先 
部署同上
TEL同上
FAX同上
URL http://wwwsoc.nii.ac.jp/sesj/
E−MAIL 同上
[環境科学会]今後のイベント |
[環境科学会]これまでのイベント |
【東京都】
イベント
開催日:2008.03.14(金)
ページトップへ