EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ホロコースト教育資料センターKokoro        
次の記事へ
 件数:217件
 カテゴリ:「環境学習」
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

サブカテゴリ | 地球環境 >> その他(地球環境)
環境学習 >> その他(環境学習)
環境一般 >> その他(環境一般)
ホロコースト教育資料センターKokoro 【NPO法人】
ホロコーストキョウイクシリョウセンター ココロ
英名:Tokyo Holocaust Education Resource Center  略称:Kokoro(愛称)
代表
160-0015  東京都 新宿区大京町22-1
22-1 Hakuyoh bldg. 6F Daikyocho, Shinjyuku-ku, Tokyo 160-0015
Tel. 03-5363-4808
Fax. 03-5363-4808
E-Mail holocaust@tokyo.email.ne.jp
URL http://www.ne.jp/asahi/holocaust/tokyo
 事業概要 |
活動分野  その他(環境一般)、その他(環境学習)、その他(地球環境)
目的  -いのちを尊ぶ、思いやりのある心を育むために-

未来を担う子どもたちに、ホロコースト(ナチスによる虐殺1933-45年)の学びを通して世界と歴史への広い視野、命を大切にする心を育んでほしいと願い、市民の手で設立。2003年にNPO法人になりました。

当センターの目指す【命と人権の教育】

・一人の命の尊さを考える
・差別を生み出した人の心の弱さを学ぶ
・他者の気持ちを想像し、思いやる心を育てる
・多様な文化、民族、宗教を知り、受け入れる
・平和をつくりだすために自分にできることを考える
事業概要  全国の学校への訪問授業(年間80校)、展示パネルなど教材の貸し出しを行っています。
主要成果物  舞台「ハンナのかばん」講演(新宿区NPO活動資金助成、2009)、生きること学ぶことを考える展示パネルの制作および貸し出し(新宿区NPO助成2007)
 運営 |
設立年  1998
管轄官庁・親機関  東京都および新宿区
職員、スタッフ数  有給専従2人
年間予算規模  収入394万円 支出767万円(平成23年度)
活動地域  全国、海外
 環境情報・定期刊行物等 |
定期刊行物等  NPO法人ホロコースト教育資料センターKokoroニュースレター
定期刊行物等の提供先 
・有料実費無料等  
会員、教育関係者、希望者に送付
問い合わせ先 
部署
TEL
FAX
URL
E−MAIL
[ホロコースト教育資料センターKokoro]今後のイベント |
[ホロコースト教育資料センターKokoro]これまでのイベント |
【神奈川県】
ボランティア
開催日:2012.08.17(金)
ページトップへ