EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ホロコースト教育資料センターKokoro        
次の記事へ
 件数:217件
 カテゴリ:「環境学習」
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

サブカテゴリ | 地球環境 >> その他(地球環境)
環境学習 >> その他(環境学習)
環境一般 >> その他(環境一般)
ホロコースト教育資料センターKokoro 【NPO法人】
ホロコーストキョウイクシリョウセンター ココロ
英名:Tokyo Holocaust Education Resource Center  略称:Kokoro(愛称)
代表
160-0015  東京都 新宿区大京町22-1
22-1 Hakuyoh bldg. 6F Daikyocho, Shinjyuku-ku, Tokyo 160-0015
Tel. 03-5363-4808
Fax. 03-5363-4808
E-Mail holocaust@tokyo.email.ne.jp
URL http://www.ne.jp/asahi/holocaust/tokyo
 事業概要 |
活動分野  その他(地球環境)、その他(環境一般)、その他(環境学習)
目的  -いのちを尊ぶ、思いやりのある心を育むために-

未来を担う子どもたちに、ホロコースト(ナチスによる虐殺1933-45年)の学びを通して世界と歴史への広い視野、命を大切にする心を育んでほしいと願い、市民の手で設立。2003年にNPO法人になりました。

当センターの目指す【命と人権の教育】

・一人の命の尊さを考える
・差別を生み出した人の心の弱さを学ぶ
・他者の気持ちを想像し、思いやる心を育てる
・多様な文化、民族、宗教を知り、受け入れる
・平和をつくりだすために自分にできることを考える
事業概要  全国の学校への訪問授業(年間80校)、展示パネルなど教材の貸し出しを行っています。
主要成果物  舞台「ハンナのかばん」講演(新宿区NPO活動資金助成、2009)、生きること学ぶことを考える展示パネルの制作および貸し出し(新宿区NPO助成2007)
 運営 |
設立年  1998
管轄官庁・親機関  東京都および新宿区
職員、スタッフ数  有給専従2人
年間予算規模  収入394万円 支出767万円(平成23年度)
活動地域  全国、海外
 環境情報・定期刊行物等 |
定期刊行物等  NPO法人ホロコースト教育資料センターKokoroニュースレター
定期刊行物等の提供先 
・有料実費無料等  
会員、教育関係者、希望者に送付
問い合わせ先 
部署
TEL
FAX
URL
E−MAIL
[ホロコースト教育資料センターKokoro]今後のイベント |
[ホロコースト教育資料センターKokoro]これまでのイベント |
【神奈川県】
ボランティア
開催日:2012.08.17(金)
ページトップへ