EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
EM(有用微生物群)の評価について 
次の記事へ
 件数:11299件
 新着順に表示
 10576-10585件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2003年03月11日   最終回答日 | 2003年03月12日
サブカテゴリ | 環境一般 >> 市民活動
No.1971
? EM(有用微生物群)の評価について  2003-03-11 16:05:39
教えてください
お世話になります。
琉球大学の比嘉教授が開発したEMは、生ゴミ処理等を中心に環境面に有益なものとして、全国に活用が広がっており、これまでEMを活用した多くの環境保全活動や環境浄化などの実績が報告されているようですが、一方で、研究者や国などでは、EMは科学的裏付けが希薄であるため、あまり評価されていないという話を聞きます。研究者や国において、EM(特に、EM投入による河川の浄化)がどのように評価されているのか、ご存知の方教えていただければ幸いです。
この質問への回答受付は終了しました
古い順に表示新しい順に表示
総件数 2 件  page 1/1 |   
No.1973
A-1. Re:EM(有用微生物群)の評価について 2003-03-11 18:03:34
滝本弁護士のファン
お問い合わせのような話を身近でよく聴きますが、実例は見たことがありません。
大阪大学サイバーメディアセンター菊池誠先生の「科学とニセ科学」レジュメをご覧いただいた方がよいと思います(インターネットで検索してください)
「カルト資本主義」斉藤貴男著(文藝春秋刊)にも解説があります。
回答に対するお礼・補足:
滝本弁護士のファンさん、早速の情報ありがとうございました。
No.1975
A-2. Re:EM(有用微生物群)の評価について 2003-03-12 13:37:03
栃木県 / 東大芦川
茨城県などで実例があります。追跡していないので、いったんきれいになった後どうなったかはわかりませんが。
EM菌は、沖縄の菌ですし、定着もしないのではないでしょうか。つねにEM菌を投与(?)していたようです。
他の方法でも良いし、根本を解決しなければだめでしょうね。バイオハザードみたいのも評価しないといけないでしょう。使い方によっては、特に害もないというところでしょうか。あえて使うほどの意味はないように思います。
菌の挙動がある程度予想できるのと、扱いやすさはあるでしょうから、家庭などでは有効な場面もあると思います。
宇井純先生(公害原論、晩年は沖縄の大学で教鞭をとられました。)の論文などにも参考になるものがあると思います。確か、水処理の観点からの報告だったように思います。沖縄環境ネットワークの機関紙にも、一度書かれていたように思いました。
回答に対するお礼・補足:
東大芦川さん、ご親切にありがとうございます。
総件数 2 件  page 1/1 |   
ページトップへ