一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境Q&A

石油からプラスチックを作るのと、プラスチックを油にするのとどっちが簡単ですか? 

登録日: 2009年01月15日 最終回答日:2009年01月19日 ごみ・リサイクル リサイクル

No.30883 2009-01-15 21:40:32 ZWlac60 steeb49

二人の人が石油とプラスチックの関係について口論していました。

Aさんは
高分子から低分子を作るより、低分子から高分子を作る方が簡単だ。と言います。
Bさんは
低分子から高分子を作るより、高分子から低分子を作る方が簡単だ。と言います。

科学のことを知らない私の感覚では、Bさんと同じ考えだったんですけど、
Aさんは、「化学的には、離すより引っ付ける方が簡単だ、石油(低分子)をプラ(高分子)にするのは簡単だが、その逆は難しい。」と言っていました。

Aさんの言っている事は本当ですか。 教えてください。

総件数 4 件  page 1/1   

No.30920 【A-1】

Re:石油からプラスチックを作るのと、プラスチックを油にするのとどっちが簡単ですか?

2009-01-17 23:25:19 筑波山麓 (ZWl7b25

>二人の人が石油とプラスチックの関係について口論していました。
>
>Aさんは
>高分子から低分子を作るより、低分子から高分子を作る方が簡単だ。と言います。
>Bさんは
>低分子から高分子を作るより、高分子から低分子を作る方が簡単だ。と言います。
>
>科学のことを知らない私の感覚では、Bさんと同じ考えだったんですけど、
>Aさんは、「化学的には、離すより引っ付ける方が簡単だ、石油(低分子)をプラ(高分子)にするのは簡単だが、その逆は難しい。」と言っていました。
>
>Aさんの言っている事は本当ですか。 教えてください。

「steeb49」さんへ。

誰にも回答はできない問題だと思います。

敢えて言えば、以下のような比較論で甲乙はつけられるでしょうが、あなたの言われるようなAさん、Bさんのどちらが正しいということは誰も言えません。
@エネルギー収支: どちらがよりエネルギーを必要とするか?
Aコスト収支:  どちらがよりコストを必要とするか?
B作るのに必要な工程数:  どちらがより多くの手間と時間がかかるか?
C現状の技術上からの判断:  現に、石油からプラスチック製造は一般に行われているが、プラスチックから石油は一般的でない。しかし、将来、石油が枯渇すれば、廃プラスチックから石油を製造するのが一般的になる可能性もあります。

したがって、Aさん、Bさんの口論は永遠に結論が出ない事柄だと思います。

No.30925 【A-2】

Re:石油からプラスチックを作るのと、プラスチックを油にするのとどっちが簡単ですか?

2009-01-18 16:28:34 もと (ZWl9f45

工業的には、今は石油からプラスチックを造る方が簡単です。
そのためのノウハウと設備を沢山持っていますから。

プラスチックの分解は100の大きさのものを、2の大きさのもの50個に分解するのは、前もってそうなる様に設計しておかないと1のものや、3のものが沢山入った使いにくい物に分解してしまいます。逆に2の大きさのもの50個集めて100の大きさのものを作るのは簡単です。

例えば、鉄筋コンクリートの建物を分解して、他の場所で立て直すのは難しいけど、プレハブのユニットハウスなら簡単ですよね。

それから、現実には、プラスチックには、充填剤(炭酸カルシウム)、着色剤(チタン、有機染料)、表面調整剤(シリコンオイル、ワックス)等の不純物が大量に入っているので、分解して目的のものを作るのはとても難しいことです。さらに、ポリエチレン、ポリスチレン、塩ビ、エポキシを分別するのは大変に難しいことでしょう。色々なものが混ざっていたら分けるのが大変ですから。

No.30927 【A-3】

Re:石油からプラスチックを作るのと、プラスチックを油にするのとどっちが簡単ですか?

2009-01-18 21:50:48 wmine (ZWl9357

もとさんの意見に補足です。

高分子(プラスチック)から低分子?(石油留分?)を作るのはかなり手間がかかります。

プラスチックを素材別に分別する以前に、汚れを取る必要があるからです。これには水を使いますが、今度は水分とプラスチックを分離しなければなりません。

その後は、比較的ラフにプラスチックを分別することになります。最低限塩化ビニル系を取り除く必要があります。

この工程にはかなりの手間がかかり、エネルギーも要します。

石油からプラスチックを作るよりも大変で、かつ無駄の多い作業です。

No.30931 【A-4】

どちらも簡単ではないようですね

2009-01-19 12:49:25 ronpapa (ZWlba5

疑問は解けましたでしょうか。steeb49さんの質問スレッドで私も疑問を持ちました。
プラスチックのケミカルリサイクル/油化技術に興味を持ち調べてみました。
↓今回私が学んだサイトです。(後出しジャンケンですから自分のコメントはしません)
独立行政法人 国立環境研究所 【プラスチックの処理・リサイクル技術】
http://www-cycle.nies.go.jp/precycle/oil/about.html
社団法人 プラスチック処理促進協会 【油化技術(ケミカルリサイクル)】
http://www.pwmi.or.jp/pk/pk04/pkflm408.htm
経産省3R政策/札幌プラスチックリサイクル兜告レポート
http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/admin_info/committee/k/02/k02_05.pdf
上智大学地球環境学研究科 環境経済学研究室(鷲田研究室)
「環境とエネルギーの経済分析」(鷲田豊明)
3.2節 廃プラスチック油化技術の原油節約効率
http://washida.net/book/sosyo/so-3-2.html

樹脂メーカーではありませんが、疑問を持つことは大切なことだと学びました。
私の所属する企業(製造業)でも樹脂部品や包装材料などを多く購入使用しています。
今は結論の出ないことでも(安直な結論で満足せず)疑問を持ち続けることの大切さを改めて知る機会を得ました。多謝。

総件数 4 件  page 1/1