EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
塩素の妊婦に対する危険性    
次の記事へ
 件数:10849件
 新着順に表示
 1558-1567件 を表示
EICネットは一般財団法人環境情報センターが運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2014.11.21

ピックアップ記事のサマリーイメージ

近年、我が国においてこれまで経験したことがないような猛暑や豪雨が続発しており、その多くは気候変動の影響である可能性が指摘されています。世界的にも、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)において、温室効果ガスによる気候変動の見通しや、自然や社会経済への影響、温室効果ガスの排出削減に関する評価など、最新の研究成果に対して評価を行っています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2009年11月02日   最終回答日 | 2009年11月03日
サブカテゴリ | 健康・化学物質 >> 有害物質/PRTR
No.33613
? 塩素の妊婦に対する危険性  2009-11-02 20:20:40
ZWlcd35 miho
塩素系の漂白剤を使用していて、気分が悪くなり、のども痛くなりました。
妊娠初期なのですが、胎児に悪影響がないか、不安です。
流産や奇形などの可能性はあるでしょうか?
この質問への回答受付は終了しました
古い順に表示新しい順に表示
総件数 1 件  page 1/1 |   
No.33617
A-1. Re:塩素の妊婦に対する危険性 2009-11-03 20:55:23
ZWlb24a おせんち
>博物学者のパラセルスス(1493〜1541)は、次のように言いました。
「すべての物質は、毒性を持つ。毒のない物はない。ただ、摂取量の多さだけが毒かどうかを決める」

 したがって、どんな物質であっても、「この物質は、毒性がある」とは言えても、「この物質は、安全だ」とは言い切れません。

 漂白剤を何の目的で、どのような使用状況なのかによって様子が変わってきますが、胎児への影響を心配する前に貴方自身が「気分が悪くなり、のども痛くなりました」という有様では困ります。

 塩素は、消毒・殺菌、漂白・酸化等に用いられます。間違いなく強い毒性、化学作用を持っています。水道水の消毒・殺菌に用いられ、水道水を飲料とすれば必ず摂取してしまいます。したがって、少々のリスクはあるのですが、それ以上の利点も併せ持っています。日本では、水道水が原因で伝染病が流行することは考えられません。少々のリスクを承知で塩素で消毒をして重大なリスクを押さえています。

 妊婦がプールで安産のための運動をしている場面を見ることがありますが、プールの水は目を刺激し、髪の毛が脱色するほどの塩素を注入しています。水道水よりも高濃度です。
 漂白剤も貴方自身がおかしくならないように使用している限りは、胎児への影響は心配ないでしょう。
回答に対するお礼・補足:
丁寧なご回答、どうもありがとうございます。
心配ないとのことで、安心いたしました。
妊婦だという前に、普段の生活においての不注意で、まったく恥ずかしい限りです。
今後、気をつけて過ごしたいと思います。
どうもありがとうございました。
総件数 1 件  page 1/1 |   
ページトップへ