一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境Q&A

解体工事に伴うフロン回収・破壊について 

登録日: 2013年07月26日 最終回答日:2013年07月26日 地球環境 オゾン層

No.39326 2013-07-26 11:39:11 ZWl972b KEN

質問させて頂きます。

弊社事務所を改築を予定しており、その際、使用しています業務用エアコン等のフロン回収・破壊法対象機器の処分が予想されます。
解体工事による廃棄物は、通常、解体工事元請会社からの廃棄物として扱われると記憶しておりますが
フロン回収に関しては、機器所有者(工事発注者)からの排出機器として回収依頼又は引き渡し委託を行わなければならないのでしょうか。
つまり、元請会社からの廃棄は不可、と考えて良いのでしょうか?(環境省などのHPを確認する限りは工事発注者自らやらなければならないように読み取れますが…)
http://www.env.go.jp/earth/ozone/cfc/law/kaisei/pamph1207/009.pdf

社内では、どうも解体工事から排出される機器類に関して、通常の解体と同じく全て元請業者からの排出と見られてるフシがあります。

宜しければご回答、お願い致します。

総件数 1 件  page 1/1   

No.39327 【A-1】

Re:解体工事に伴うフロン回収・破壊について

2013-07-26 14:02:47 なんと (ZWld61d

こちらの「建設業者ガイドブック」をご覧ください。
http://www.infrep.jp/guide/kensetsu.htm
(フロン回収推進産業協議会HP)

回収破壊費用は発注者が出し、フロン管理票を使い、発注者から委託を受けた元請業者がフロン回収業者に依頼する形が一般的です。

回答に対するお礼・補足

なんと 様
元請業者がフロン回収業者への引き渡し(つまり適正な廃棄)は可能であるが
その際には、工事発注業者は委託確認書に記載と、引き取り証明書写しの保管が求められるということですね。
非常に分かりやすい資料のご紹介、有難うございました。

総件数 1 件  page 1/1