EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
未婚の女性の焼却施設での勤務について
次の記事へ
 件数:11109件
 新着順に表示
 20-29件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

登録日 | 2017年03月08日   最終回答日 | 2017年03月19日
サブカテゴリ | 健康・化学物質 >> ダイオキシン
No.40730
? 未婚の女性の焼却施設での勤務について  2017-03-08 23:55:42
ZWlf715 Thomas
「平成13年4月25日付環廃対183号 廃棄物焼却施設内作業におけるダイオキシン類ばく露防止対策について」 (環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課長から各都道府県・各政令市廃棄物行政主管部(局)長あて)では、事業者は労働者に対して対策を講じる旨の通達があり、特に女性労働者の母性保護について、廃棄物焼却施設における運転、点検等作業及び解体作業における就業上の配慮を行うこと。とされていいます。
配慮の考え方について、女性は直接の作業については当然させませんが、炉室には検査等で立ち入る可能性があり、緊急時対応についても問題があると考えております。
男女雇用機会均等法との兼ね合いもあり、配慮の考え方を明確にしたいので、以下についてどなたか教えていただけないでしょうか? お願いします。

1.焼却炉室では過去に作業環境測定で「第3管理区分」となった経緯があり、ダイオキシンリスクは当然あることから、女性には運転、点検等作業及び解体作業以外でも配慮は立ち入り禁止と理解すればいいか?

2.禁止ではなく 配慮となっている理由は、保護具等で防護すれば良いということか?

この質問への回答受付は終了しました
古い順に表示新しい順に表示
総件数 1 件  page 1/1 |   
No.40739
A-1. Re:未婚の女性の焼却施設での勤務について 2017-03-19 12:14:37
ZWlcf60 Nobby
平成26年11月1日より、女性労働基準規則の一部が改正されました。
過去に作業環境測定で「第3管理区分」となった経緯があるのであれば女性の就業は禁止でしょう。
現在問題なくても保護具をつければ良いというものではないと思いますが。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/pdf/150219-1.pdf

私見ですが、例え法律に触れないとしても母性保護の観点から女性(特に未婚の女性)にその様な危険な
場所に立ち入らせるのはどうかと思いますが・・・
回答に対するお礼・補足:
Nobby 様 丁寧な ご回答ありがとうございました。
今まで、男性ばかりの職場であり、女性への配慮を考えたことがありませんでした。
今回のご意見を職場内で検討し、女性への配慮だけでなく、安全な作業環境になるよう、努力してまいりたいと思います。
総件数 1 件  page 1/1 |   
ページトップへ