EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
嫌気性芽胞菌の培養温度について  
次の記事へ
 件数:11129件
 新着順に表示
 32-41件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.09.19

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国における廃棄物の適正処理等を確保するため、本年6月に廃棄物処理法が改正されました。改正法においては、平成28年1月に発覚した食品廃棄物の不正転売事案を始めとする廃棄物の不適正処理事案の発生や、雑品スクラップの不適正な保管等による生活環境保全上の支障の発生等を受け、廃棄物の不適正処理への対応の強化(許可を取り消された者等に対する措置の強化、マニフェスト制度の強化)、有害使用済機器の適正な保管等の義務付け等の措置を講じました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

登録日 | 2017年04月04日   最終回答日 | 2017年04月06日
サブカテゴリ | 水・土壌環境 >> 地下水/土壌汚染
No.40765
? 嫌気性芽胞菌の培養温度について  2017-04-04 12:22:11
ZWlf722 ひよこ
上水・排水等の分析をする会社に入って5か月目のものです。
いつもこちらのサイトから、普段気になったことを調べるヒントをいただいています。ありがとうございます。


さて、弊社では、従来外注していた水道における指標菌およびクリプトスポリジウム等の検査について、指標菌のみ自社での検査とすることに決まりました。

そのなかで、パウチ法での嫌気性芽胞菌の培養について、
健水発第0330006号別添2嫌気性芽胞菌の検査方法
第1 ハンドフォード改良寒天培地法のパウチ法に基づき
44〜46℃で22〜26時間培養するよう準備しているのですが、
インターネットでパウチ法について調べていると、35℃培養の記載が多くみられます。

いまのところ45℃培養予定なのですが、
35℃でも方法として問題はないのでしょうか。
生育することは存じ上げているのですが、生育速度が遅いのでは??と考えています。

ご回答いただけると幸いです。
この質問への回答受付は終了しました
古い順に表示新しい順に表示
総件数 1 件  page 1/1 |   
No.40766
A-1. Re:嫌気性芽胞菌の培養温度について 2017-04-06 23:09:36
ZWlcf60 Nobby
回答が付かないようなので、コメントします。

>インターネットでパウチ法について調べていると、35℃培養の記載が多くみられます。

参考まで、一例をあげてください。
厚労省の指針と検査の目的や対象の菌が違うのではないでしょうか。

>35℃でも方法として問題はないのでしょうか。
>生育することは存じ上げているのですが、生育速度が遅いのでは??と考えています。

指針とは違う方法で検査するのは問題があると思います。
そもそも指針の条件とは異なる35℃にする必要があるのでしょうか。何かメリットがありますか?
指針と異なった条件で培養して、菌数がゼロであっても何の証明にもならないと思いますが・・・

回答に対するお礼・補足:
Nobby 様

ご回答ありがとうございます。
一例ですが、民間の分析会社の指標菌検査方法・嫌気性パウチ (嫌気性芽胞菌(ウェルシュ菌等)培養用)を販売している企業HPの培養手順などで見受けられました。
(HPのアドレスをのせていいものか迷いましたのでこのような返答とさせていただきます。)

私共の認識としても、問題があるのではと考えており、45℃培養のためのふ卵器も準備済みでございます。
しかし、35℃培養の記述が多く見受けられたため、他に指針のようなものがあるのか?方法等の変更があったのを見落としていたのか?と疑問に思い質問させていただいた次第です。

安心して分析を開始しようと思います。ありがとうございました。
総件数 1 件  page 1/1 |   
ページトップへ