EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
活性炭の円柱状と破砕状の選定ついて 
次の記事へ
 件数:11097件
 新着順に表示
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.04.13

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 日本の南西部に位置する奄美群島が2017年3月に34番目の国立公園に指定されました。国内最大規模の亜熱帯照葉樹林が残され、アマミノクロウサギなど固有種や希少な野生動植物が数多く生息生育しているほか、世界的な北限に位置するサンゴ礁や石灰岩の海食崖、鍾乳洞、マングローブ、干潟など多様な自然環境がみられる地域です。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2017年04月12日   最終回答日 | 2017年04月17日
サブカテゴリ | 大気環境 >> 悪臭
No.40770
? 活性炭の円柱状と破砕状の選定ついて  2017-04-12 21:08:19
ZWlf75 かずのり
処理場に使う脱臭に使う活性炭について
何度もお世話になっております。

現在処理場の沈殿池に石炭系の円柱状の物が一部入ってます。
こちらを隣の沈殿池のように一般的な椰子殻系の破砕炭にした場合、どのような支障があるのでしょうか?
同じ汚水が流れて分岐してるだけなので、そんな支障ないと思います。

しいて支障あるとしたら、カートリッジが円柱状ですと目が荒く抜け落ちてしまうためカートリッジごと交換となりコストが高くなるなど考えましたが、他にもあるのかなと感じます。

ヨウ素添着炭は、複合的な悪臭があるからそう設置されているかとおもいますが
こちらも、隣の沈殿池では椰子がら破砕炭のみ使われてますので同じ汚水で何で??とも思います。
選定って難しいですね。

この質問の修正・削除(質問者のみ)  この質問に対する回答を締め切る(質問者のみ)
この質問に回答する
古い順に表示新しい順に表示
総件数 1 件  page 1/1 |   
No.40771
A-1. Re:活性炭の円柱状と破砕状の選定ついて 2017-04-17 19:34:48
ZWlbd18 papa
どちらを使っても大差ないと思います。
それぞれのメーカーさんのマーケティングのトーク程度と考えてもいいかと思います。
私見ですが、ハロゲンを添着すると硫黄系の悪臭物質を酸化分解するので物理吸着以上の効果が期待できます。処理場系の臭気物質はそういったものがかなりあるので、臭素でもよう素でも反応は大差ないと考えてます。
ハロゲン添着炭が劣化するとチオール(あまりお勧めできない命名ではメルカプタン)の酸化が充分でないとジメチルジスルフィド(二硫化メチル)が生成してかえって臭気指数が増大してしまいます。
成形炭でも破砕炭でも通常は4×6メッシュ程度ですのでカートリッジを交換する必要はないと思いますが、落下があるようならカートリッジ底の網を必要なサイズに交換すれば済みます。
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
総件数 1 件  page 1/1 |   
ページトップへ