EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
建設工事の元請業者が自ら廃棄物を... 
次の記事へ
 件数:11107件
 新着順に表示
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

登録日 | 2017年06月04日   最終回答日 | 2017年06月05日
サブカテゴリ | 環境行政 >> 法令/条例/条約
No.40793
? 建設工事の元請業者が自ら廃棄物を運搬するとき許可は不要とする解釈について  2017-06-04 19:30:37
ZWl6458 出合いばし
(産業廃棄物処理業)

第十四条  産業廃棄物(特別管理産業廃棄物を除く。以下この条から第十四条の三の三まで、第十五条の四の二、第十五条の四の三第三項及び第十五条の四の四第三項において同じ。)の収集又は運搬を業として行おうとする者は、当該業を行おうとする区域(運搬のみを業として行う場合にあつては、産業廃棄物の積卸しを行う区域に限る。)を管轄する都道府県知事の許可を受けなければならない。ただし、事業者(自らその産業廃棄物を運搬する場合に限る。)、専ら再生利用の目的となる産業廃棄物のみの収集又は運搬を業として行う者その他環境省令で定める者については、この限りでない。

建設工事の元請業者が自ら廃棄物を運搬するとき、収集運搬業の許可は不要とする解釈は正しいですか!

法二十一条の三の1項の元請業者に該当する、元請業者が、十四条のただし書きの事業者に該当するという行政の判断は正しいですか!

環境省大臣官房付からの回答をお待ちしています。
この質問の修正・削除(質問者のみ)  この質問に対する回答を締め切る(質問者のみ)
この質問に回答する
古い順に表示新しい順に表示
総件数 1 件  page 1/1 |   
No.40794
A-1. Re:建設工事の元請業者が自ら廃棄物を運搬するとき許可は不要とする解釈について 2017-06-05 11:14:48
ZWl47e たる吉
>環境省大臣官房付からの回答をお待ちしています。
こんなものを匿名掲示板で求めて、回答があるわけないでしょう。
http://www.env.go.jp/recycle/waste_law/kaisei2010/attach/jimu.pdf

元請業者が自ら運搬は当初からそうですし、むしろ近年、「下請け業者も一部元請業者とみなす」という法改正がなされたぐらいですよ?

回答に対するお礼・補足:
kaisei2010/attach/jimu.pdf では、元請業者を、事業者とする文言です。
自らその産業廃棄物を運搬するとき、業としての許可は不要です。
jimu.pdfでは、排出事業者責任を元請業者が負うとされているだけです。
これは、コンペ(設計監理)者にも、排出事業者責任があるという趣旨で、業としての許可とは無関係です。通報制度により、警視庁から環境省への通報で、排出事業者責任をコンペを含む通報がされておりました。

匿名であるとき、本音の意見が期待できると思います。
総件数 1 件  page 1/1 |   
ページトップへ