EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
scope3 カテゴリー4(上流の物流) ...
次の記事へ
 件数:11114件
 新着順に表示
 5-14件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.06.30

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2017年6月5日、恒例になった中国環境白書(「2016年中国環境状況公報」)が発表された。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入って最初の環境白書だ。今回の白書はこれまでのものと比べてコンパクトな編集になっているのが特徴だ。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

登録日 | 2017年06月08日   最終回答日 | 2017年07月01日
サブカテゴリ | 地球環境 >> 地球温暖化
No.40798
? scope3 カテゴリー4(上流の物流) 算定について  2017-06-08 15:30:44
ZWlf55e 機械メーカー 環境部門員
いつもお世話になっております。

従来からscope3の算定+公開を年々行っておりましたが、
最後に残ったカテゴリー4の算定で、途轍もなく巨大な排出量が
計算されてしまい(同業他社や同規模メーカーの数十倍〜)、
今一度計算方法を確認させて頂きたく存じます。

※環境省、みずほ情報総研様にも相談済みですが…。

【弊社の条件】
@算定はトンキロ法(環境省DB由来)
A出荷、調達物流の総輸送距離…400万km/年
 (海外輸送距離…250万km 車両輸送距離…150万km)
B出荷、調達物流の総輸送重量…1万d/年
 (海外輸送距離…250万km 車両輸送距離…150万km)

【算定方法】
@車両輸送は、上記に×原単位0.047×2.585÷1,000
A海上輸送は、上記に×原単位39÷1,000,000

結果、200万d近い数値となってしまいます・・・。
弊社より確実に生産量、売上が大きい重量物メーカーでも
5桁や4桁といった数値報告がある以上、計算を間違えたとしか
思えないのですが、社内的に経験ある人間がおらず、
また他カテゴリーは他社と比べても異常のない数値である為、
どうしても気になっているところです。

(最悪、外部での検証や承認を頂くしかないと考えておりますが…)
何か間違いにお気づきの方がおられましたら、何卒ご教示願います。
この質問の修正・削除(質問者のみ)  この質問に対する回答を締め切る(質問者のみ)
この質問に回答する
古い順に表示新しい順に表示
総件数 2 件  page 1/1 |   
No.40801
A-1. Re:scope3 カテゴリー4(上流の物流) 算定について 2017-06-26 14:41:08
ZWl859 はにわ
算定条件が正確に分からないので見当違いかもしれませんが、もしAの総輸送距離とBの総輸送重量を掛け算していたら計算間違いですよ。

 総輸送距離に乗じるなら、平均輸送重量
 総輸送重量に乗じるなら、平均輸送距離 
である必要があります。


>【弊社の条件】
>@算定はトンキロ法(環境省DB由来)
>A出荷、調達物流の総輸送距離…400万km/年
> (海外輸送距離…250万km 車両輸送距離…150万km)
>B出荷、調達物流の総輸送重量…1万d/年
> (海外輸送距離…250万km 車両輸送距離…150万km)
>
>【算定方法】
>@車両輸送は、上記に×原単位0.047×2.585÷1,000
>A海上輸送は、上記に×原単位39÷1,000,000
>
>結果、200万d近い数値となってしまいます・・・。
>弊社より確実に生産量、売上が大きい重量物メーカーでも
>5桁や4桁といった数値報告がある以上、計算を間違えたとしか
>思えないのですが、社内的に経験ある人間がおらず、
>また他カテゴリーは他社と比べても異常のない数値である為、
>どうしても気になっているところです。
>
>(最悪、外部での検証や承認を頂くしかないと考えておりますが…)
>何か間違いにお気づきの方がおられましたら、何卒ご教示願います。
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
No.40809
A-3. Re:scope3 カテゴリー4(上流の物流) 算定について 2017-07-01 11:29:44
ZWlcf60 Nobby
A-1 A-2 への返事がつかないようですが、コメントします。

機械メーカー 環境部門員さんは、トンキロ(輸送量)算定の基本の「き」を理解されていないため計算結果が違っているものと思います。

トンキロ法は合計重量や合計距離から計算するのではなく、1回ごとの輸送距離、重量を掛け合わせたものの合計値で求めます。
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/ninushi/eco_2.html

機械メーカー 環境部門員さんはトンキロ法に対して、省エネ対策としてどういった方策を考えられているのでしょうか。
また、それがトンキロ法に数字的に効果として表れるのでしょうか。疑問に思いますので、ご意見お聞かせください。
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
総件数 2 件  page 1/1 |   
ページトップへ