EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
中間処理業者から中間処理業者への... 
次の記事へ
 件数:11151件
 新着順に表示
 33-42件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

登録日 | 2017年07月31日   最終回答日 | 2017年08月25日
サブカテゴリ | ごみ・リサイクル >> 産業廃棄物
No.40820
? 中間処理業者から中間処理業者への依頼は問題ないのでしょうか  2017-07-31 13:14:48
ZWlf75c 環境良し子
排出事業者が、ア中間処理業者に産廃物の処理依頼をしたが、ア中間処理業者の受入時の処理能力が不足したために、ア中間処理業者からイ中間処理業者に産廃物の処理を依頼した。排出事業者とア中間処理業者の間で、ア中間処理業者の処理能力が間に合わないときには、別の中間処理業者に排出することをア中間処理業者の判断で認めている。
ここで、別の中間処理業者と排出事業者は契約を結んでいる業者のみである。
この時に、処分費用については、イ中間処理業者の費用は、排出事業者とイ中間処理業者と契約している単価で、ア中間処理業者が一時立替で、排出事業者に請求を行う。
排出業者の窓口を一本化する為に、ア中間処理業者に中間処理業者の排出先の采配とその処分費の請求をア中間処理業者経由で支払うことに問題は無いのでしょうか。再委託契約とは、また違うような気もしますが。
前述しましたように、契約は全て排出事業者と処理業者・産廃運搬業者とも2者契約はしている。つまり、排出先を決めて、支払はア中間処理業者への支払となります。排出業者には契約単価以外は掛からないのですが、恐らく、アの中間業者は他の中間業者から手数料を取るようです。マニフェストの処分場のみが変わることになります。事務も経理も全てア中間業者が請け負うというものです。
このシステムに問題ないか、ご教示ください。
この質問への回答受付は終了しました
古い順に表示新しい順に表示
総件数 1 件  page 1/1 |   
No.40838
A-1. Re:中間処理業者から中間処理業者への依頼は問題ないのでしょうか 2017-08-25 17:21:54
ZWlf55d 東北の産廃担当
質問内容の状況がよく理解できていないのですが、読んだ限りは再委託に該当すると思います。

再委託の場合、排出事業者とイの間の契約や支払い方法はあまり重要ではなく、アとイの間で再委託契約(及び再委託基準の遵守)がなされているかがポイントになります。

なお、実態として単なる積み替え保管になっているような場合には、排出事業者も委託基準違反に問われる可能性がありますので注意が必要です。

いずれにしても、個人的には、処理能力の不足という理由で恒常的に再委託が行われている状況なのであれば、かなりリスクが高い状況のように思います。
回答に対するお礼・補足:
御礼の弁、大変遅くなりました。
判りづらい質問の中、趣旨ご理解頂きご回答頂きありがとうございました。

最初は毎日閲覧していたのですが、基本的な質問だけに回答はして貰えないものだと感じていましたが、私の求めていたご回答をご教示頂き大変ありがたく存じます。

御礼の遅くなりましたことを伏してお詫び申し上げます。
総件数 1 件  page 1/1 |   
ページトップへ