EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
六価クロム分析における有機物の影響 
次の記事へ
 件数:11151件
 新着順に表示
 32-41件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

登録日 | 2017年08月03日   最終回答日 | 2017年08月18日
サブカテゴリ | 水・土壌環境 >> その他(水・土壌環境)
No.40822
? 六価クロム分析における有機物の影響  2017-08-03 16:43:21
ZWlf75f エルモア
お尋ねします。

ジフェニルカルバジド吸光光度法による、
六価クロム分析を行っております。
抽出はアルカリ溶液によるものです。

測定対象がプラスチック材であったりすると、サンプルによっては
添加回収があまりうまくいかないことがあります。
六価クロムは酸性条件下、有機物の影響により酸化・還元反応を起こし、
三価クロムへと変性してしまう、と聞いたことがあるのですが、
プラスチック材中の成分により、こうした現象は起こりうるのでしょうか。
(なお金属成分による干渉を抑制するため塩化マグネシウムを加えており、
また鉄やマンガンなど干渉を及ぼしそうな成分も確認されていません。)

またその場合、回収試験結果を向上させるために、
例えば下記のような方法は有効でしょうか。
その他、有効な手段はありますでしょうか。
(1)試料溶液を酸性にしてから手早く測定する
(2)添加する六価クロム量を増やす
(3)抽出するサンプル量を減らす

ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
この質問への回答受付は終了しました
古い順に表示新しい順に表示
総件数 3 件  page 1/1 |   
No.40823
A-1. Re:六価クロム分析における有機物の影響 2017-08-04 19:14:21
ZWlf760 雷さん

>六価クロムは酸性条件下、有機物の影響により酸化・還元反応を起こし、
>三価クロムへと変性してしまう、と聞いたことがあるのですが、
>プラスチック材中の成分により、こうした現象は起こりうるのでしょうか。
小生、有機合成に以前携わっていましたが、
六価クロムは有機合成の際に強力な酸化剤として知られています。
最近は規制が厳しく、入手が面倒ではありますが。。
プラスチック材中に、適した還元剤となる有機物が含まれていれば、
容易に起こりうる現象だと思いますよ。

>またその場合、回収試験結果を向上させるために、
>例えば下記のような方法は有効でしょうか。
>その他、有効な手段はありますでしょうか。
>(1)試料溶液を酸性にしてから手早く測定する
>(2)添加する六価クロム量を増やす
>(3)抽出するサンプル量を減らす
六価クロムと有機物との反応は、
少々時間のかかるイメージです。
(1)は特に有効かと思いますよ。
中性でジフェニルカルバジドと反応させれば、
より効果的です。
(2)(3)は分析値の都合で変更出来るようであれば、
変更してみてはいかがでしょうか。
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
No.40826
A-2. Re:六価クロム分析における有機物の影響 2017-08-12 19:50:51
ZWlf83 みどりがめ
雷さんが仰る通り、
還元性を持つ有機物によって、
六価クロムは三価クロムに変化します。
この反応は酸性で進むので、
酸性の時間は出来るだけ短くするのが、
六価クロム分析での鉄則です。

ちなみに、分析方法から推測するに
RoHS指令関連のIECの方法でしょうか。
今年新版が発行され、アルカリ/トルエン法に変更となっています。
効率向上のため抽出温度が高く設定されています。
有機物の影響はより強くなりますので、注意してください。
なお、中性で発色させる方法も
この規格で規定されていますよ。
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
No.40833
A-3. Re:六価クロム分析における有機物の影響 2017-08-18 21:06:15
ZWlf20 火鼠
すみません。内容を読まずに投稿します。液性がアルカリままカルバジドを入れると真っ赤になることあります。特に鋳物砂とかの溶出液しかし、クロムはなし、クロムなしでも還元材いっぱいだと、液性如何だとある場合も???昔、カルバジドで、クロムあり。原子吸光でクロムなし、なんてありましたよ
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
総件数 3 件  page 1/1 |   
ページトップへ