EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
工場内の油流出対策について    
次の記事へ
 件数:11266件
 新着順に表示
 72-81件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.12.13

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 日本では、年平均気温が100年当たり約1.2℃の割合で上昇していて、温室効果ガスの削減を厳しく進めなければ、今後もさらなる上昇が見込まれます。今年は夏に多数の地域で40℃を超えるなど記録的な猛暑となったり、また、豪雨による甚大な被害が出たりするなど、異常な気象を肌で感じる機会が多かったのではないでしょうか。今の調子で気候変動(温暖化)が進んでいくと、稲作をはじめとする農作物への悪影響や洪水や高潮といった災害の増加、熱中症患者の増加など、その影響はますます深刻化することが予想されています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2018年05月24日   最終回答日 | 2018年05月28日
サブカテゴリ | 水・土壌環境 >> 水質汚濁
No.41067
? 工場内の油流出対策について  2018-05-24 13:32:55
ZWl972b KEN
いつも参考にさせて頂いております。

弊社、製造業を営んでおり、その際に潤滑・タービン油をある程度使用しています。
油を精製しているわけではないのですが、工場内にどうしても油染みが出来、それを安全靴で踏みつけたことにより、雨の日などはそれら少量の油が通路の水たまりが光っていることがあります。

その際には吸着等の対応を行っていますが、雨水の処理はしておらず少量ながら海域に流れている恐れがあります。
工場外に出る際は靴を拭いたりすることの対応はしておりますが、抜本的な解決になっておらず、弊社、水濁法特定事業所でもあることから頭を悩ませております。

最終放流口に大きな油水分離槽をつけることが一番対策となるとは思いますが、そういった大きな工事をするスペースも予算もないため、各社様で取られている対策があれば参考までにご教示頂けませんでしょうか。
この質問への回答受付は終了しました
古い順に表示新しい順に表示
総件数 2 件  page 1/1 |   
No.41068
A-1. Re:工場内の油流出対策について 2018-05-24 16:53:37
ZWl47e たる吉
工場の出入り口に吸着マットを敷いたらどうですか?
回答に対するお礼・補足:
たる吉 様

ご回答、有難うございます。
やはりそういったことで対応するしかないかもしれませんね。

ただ、お恥ずかしいことなのですが、通路に配管や製品などが置いてあり、そこからグリスが滲んだり、どこからかエンジンオイルから少量の油が漏れたりといったことも良くある状況です。
その度に注意はしているのですが、犯人が分からないということも多々あります。
これは社員の意識の問題だと思いますので、しつこく注意をするしかないのかな、と考えております。
No.41069
A-2. Re:工場内の油流出対策について 2018-05-28 00:07:29
ZWlf932 環境一番
排水路に油膜検知器を設置すると常時無人で監視ができます。
工場から油が流出するリスクを考えると機械の目で監視するのが一番です。
回答に対するお礼・補足:
環境一番 様

ご回答、有難うございます。
監視は仰るよう機械にて行うのがベストだと思います。

最終放流口に除去装置の設置なども考えているのですが
やはりあとは社員の意識の問題と思います…
総件数 2 件  page 1/1 |   
ページトップへ