EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
アルキル水銀の安全な分析方法について
次の記事へ
 件数:11201件
 新着順に表示
 3-12件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2018年06月02日   最終回答日 | 2018年06月03日
サブカテゴリ | 水・土壌環境 >> その他(水・土壌環境)
No.41076
? アルキル水銀の安全な分析方法について  2018-06-02 16:10:21
ZWlf933 Hg
将来、実験においてアルキル水銀を分析する可能性があります。

アルキル水銀を安全に分析するために気を付けることは何でしょうか?

また、ガスクロマトグラフィーを用いて分析をするようなのですが、どのような手法で分析するのでしょうか?

詳細をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
この質問の修正・削除(質問者のみ)  この質問に対する回答を締め切る(質問者のみ)
この質問に回答する
古い順に表示新しい順に表示
総件数 1 件  page 1/1 |   
No.41079
A-1. Re:アルキル水銀の安全な分析方法について 2018-06-03 16:47:50
ZWla61d たそがれ
どのような立場の方なのか存じませんが、分析に際しての安全衛生及び分析手法と二つもテーマがあることから、回答はつきずらいと思います。何せ分析については詳細に・・・というわけですから。

まず、アルキル水銀の分析といっても環境水、排水、産廃、底質、等といろいろあります。しかし、ほとんど最終的には環境省告示である公共用水域の環境基準 付表2(以下のURL)にちかいものですから確認してみてください。

http://www.env.go.jp/kijun/wt_a02.html

分析上の安全衛生ですがこれについてはきりがないほどあります。その中で一つ上げるとしたらこの分析で使用するベンゼンの暴露を防ぐことでしょう。しかし、これらは組織の中で設備というハード面、安全衛生教育等が確立していなければなりません。何もなければその辺も疑ってください。
また、分析は技術的にも一定水準以上のレベルを必要とします。上記のようなことはこのサイトでの質問では限界があると考えます。
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
総件数 1 件  page 1/1 |   
ページトップへ