EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
EU Resolution AP (89)1の分析可能... 
次の記事へ
 件数:11221件
 新着順に表示
 10-19件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2018年06月28日   最終回答日 | 2018年07月11日
サブカテゴリ | エコビジネス >> その他(エコビジネス)
No.41101
? EU Resolution AP (89)1の分析可能な分析機関について  2018-06-28 11:28:42
ZWlf946 匿名
お世話になります。

EU Resolution AP (89)1に関する分析が可能な機関を探しております。

金属系の粉体を分析するに当たり、お客様より分析の要望が来ております。
日本国内で分析が可能な機関が見つけられず、苦慮しております。

ご存知の方、過去に分析を行った方がおられましたら、教えて頂けませんでしょうか。

宜しくお願い致します。

この質問の修正・削除(質問者のみ)  この質問に対する回答を締め切る(質問者のみ)
この質問に回答する
古い順に表示新しい順に表示
総件数 2 件  page 1/1 |   
No.41103
A-1. Re:EU Resolution AP (89)1の分析可能な分析機関について 2018-06-30 11:49:46
ZWla61d たそがれ
プラスチック中の着色剤(金属)の規制のようですね。(違ったらすみません) 私もできそうな機関はいくつか思いつくのですが、サイトの性質上、紹介することができません。最近の欧州規制でも対象項目が増えたため環境関連の分析センターではしんどくなってきました。「欧州規制・分析」や「材料分析」等でググってみてください。いくつかの材料分析を専門とする分析センターが出てきます。
回答に対するお礼・補足:
お返事が遅くなり申し訳ありません。

紹介が不可能な件、大変失礼いたしました。

アドバイス頂いた方法でググってみます。

ありがとうございました。
No.41116
A-2. Re:EU Resolution AP (89)1の分析可能な分析機関について 2018-07-11 10:59:03
ZWlcf60 Nobby
横からですが、気になるので書きます。

Resolution AP(89)1は欧州評議会による勧告で、法律での規制ではありません。
食品に接するプラスチックの着色料に関する試験です。
金属系の粉体はこの勧告の対象物質でも試験項目でもありません。

匿名様のお客様は何か誤解をされているように思います。

Resolution AP(89)1に書かれてある試験は食品容器の分析ができる試験機関で
あればどこでも測定できるでしょう。ただし、全部の項目を試験すれば多額の
費用がかかります。
それらの費用はお客様に負担して頂けるのでしょうか。

最近、サプライチェーンの上流、または下流から丸投げで飛んでくる含有調査の依頼
が多く見受けられますが、的外れの試験の要求は私は断ることにしています。
(お客様は神様ではありません)
回答に対するお礼・補足:
ありがとうございます。

弊社の製品は、食品・医薬品系の納期への使用は推奨していないのですが、
さらに川下の客先からの要望の様です。

Nobby様がおっしゃるように、丸投げの依頼が大変多くなっていますね。
断る勇気というのも必要であると最近強く感じております。
総件数 2 件  page 1/1 |   
ページトップへ