EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
特定酵素基質培地(XM-G)を用いた... 
次の記事へ
 件数:11267件
 新着順に表示
 3-12件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.12.13

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 日本では、年平均気温が100年当たり約1.2℃の割合で上昇していて、温室効果ガスの削減を厳しく進めなければ、今後もさらなる上昇が見込まれます。今年は夏に多数の地域で40℃を超えるなど記録的な猛暑となったり、また、豪雨による甚大な被害が出たりするなど、異常な気象を肌で感じる機会が多かったのではないでしょうか。今の調子で気候変動(温暖化)が進んでいくと、稲作をはじめとする農作物への悪影響や洪水や高潮といった災害の増加、熱中症患者の増加など、その影響はますます深刻化することが予想されています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2018年12月07日   最終回答日 | 0000年00月00日
サブカテゴリ | 水・土壌環境 >> その他(水・土壌環境)
No.41242
? 特定酵素基質培地(XM-G)を用いた大腸菌群数の測定における希釈水の影響について  2018-12-07 11:53:57
ZWlfa40 oga
下水処理に従事しているものです。
当方では大腸菌群数の測定をデソ法で、希釈水に生理食塩水を用いて行っております。
この度、大腸菌数の把握のためMX-G培地を用いて実験を行いました。検体は、生下水と処理水(滅菌前)です。
特定酵素基質培地法は希釈水の違いにより計数に差が出るということなので、生理食塩水による希釈と、滅菌リン酸塩希釈水による希釈を行いました。
測定結果ですが、処理水(滅菌前)に関しては差があるものの、どちらの希釈水を用いた場合も大腸菌・大腸菌群は検出されました。しかしながら、生下水については生理食塩水を用いたものに関しては大腸菌・大腸菌群が検出されたのですが、滅菌リン酸塩希釈水を用いたものは、まったく検出されませんでした。生下水の希釈倍率は5000倍と1000倍です。
実験の失敗かと考え、再実験したものの、結果はほぼ同様で生理食塩水の場合は検出されるものの、滅菌リン酸塩希釈水は数個しか検出されませんでした。
培地メーカーに問い合わせたのですが、わからないとの回答でした。
どなたかわかる方がおられましたらご教示お願いいたします。
この質問の修正・削除(質問者のみ)  この質問に対する回答を締め切る(質問者のみ)
この質問に回答する
ページトップへ