EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
最終処分場における微生物活動によ... 
次の記事へ
 件数:11293件
 新着順に表示
 28-37件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2018年12月09日   最終回答日 | 2018年12月12日
サブカテゴリ | ごみ・リサイクル >> ごみ処理
No.41243
? 最終処分場における微生物活動により生成する成分について  2018-12-09 11:23:32
ZWlf933 ビギナー
最終処分場において有機性窒素が加水分解等で分解する際に、尿素は生成するものでしょうか?

また、処分場内に生息している微生物や細菌自身の代謝により尿素は生成しますか?

処分場内における種々の反応がよく理解できていないので、的外れなことを言っているかもしれませんが、よろしくお願いします。
この質問への回答受付は終了しました
古い順に表示新しい順に表示
総件数 1 件  page 1/1 |   
No.41248
A-1. Re:最終処分場における微生物活動により生成する成分について 2018-12-12 09:32:11
ZWlcf60 Nobby
>また、処分場内に生息している微生物や細菌自身の代謝により尿素は生成しますか?
生成しますが、分解してアンモニアになります。

ご存知のように微生物から人間まで生体内で発生したアンモニアは尿素回路を通して無害化された
尿素が合成され、生体外へ排出されます。

下水処理場でも微生物から尿素が排出されると思いますが、それらは分解されて無機のアンモニア
(アンモニウムイオン)となり、硝化工程、脱窒工程を経て最終的には窒素ガスとして大気に放出されます。

有機態窒素(タンパク質、尿素等)→無機態窒素(アンモニア)→亜硝酸性窒素→硝酸性窒素→窒素→大気放出
です。

「窒素循環」で検索してみてください。いろいろな図が出てきます。
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
総件数 1 件  page 1/1 |   
ページトップへ