EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
土壌 溶出液作成時の容器選定について
次の記事へ
 件数:11280件
 新着順に表示
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2019年02月01日   最終回答日 | 0000年00月00日
サブカテゴリ | 水・土壌環境 >> 地下水/土壌汚染
No.41285
? 土壌 溶出液作成時の容器選定について  2019-02-01 12:04:30
ZWlf75b 土壌初心者
土壌分析勉強中です。
環境省告示46号、土対法18号の溶出容器は試料量の2倍の容器を使用することになってますが、土対法19号は1.5倍となっております。
この違いは何でしょうか?酸処理の方が少ない空隙というのはどのような理由でしょうか?

ご教示のほど、よろしくお願い致します。
この質問の修正・削除(質問者のみ)  この質問に対する回答を締め切る(質問者のみ)
この質問に回答する
ページトップへ