EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
浄化槽の放流水質悪化対策    
次の記事へ
 件数:11306件
 新着順に表示
 15-24件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

登録日 | 2019年03月18日   最終回答日 | 2019年03月22日
サブカテゴリ | 水・土壌環境 >> 水質汚濁
No.41317
? 浄化槽の放流水質悪化対策  2019-03-18 17:17:53
ZWlf138 さくま
弊社では浄化槽が屋外の風が吹きさらしのところに設置してありまして
冬場は水温が一桁台になる事もあり、微生物が不活性でBOD、CDOの値が良い値で出ておりません。

点検業者の意見を聞きますと、浄化槽が吹きさらしで水温が低いこと
が大きな影響との事で、もちろんそれは定説で15℃以下になると微生物の活性が下がることはわかっており、浄化槽にヒーターを入れる等考えましたが、費用対効果が悪いこともあり保留となっています。
近々採水する水濁法及び浄化槽法の法定測定時の測定結果が好ましくないことは必至です。

弊社の浄化槽は浄化槽接触爆気の活性汚泥浄化槽で、設置は平成元年なので老朽化している事もあり、窒素・リン除去及び膜分離の浄化槽に更新を検討しておるのですが、直近の測定値が望ましくない事の対応として某かの対応策を打たねばなりません。

急場をしのぐため、それほど費用がかからない妙案をお持ちの方がおられればぜひ賜りたく、お願い致します。

よろしくお願いいたします。

以上

この質問の修正・削除(質問者のみ)  この質問に対する回答を締め切る(質問者のみ)
この質問に回答する
古い順に表示新しい順に表示
総件数 1 件  page 1/1 |   
No.41322
A-1. Re:浄化槽の放流水質悪化対策 2019-03-22 12:15:22
ZWlf54c 通りすがり
北海道で浄化槽を管理しているものです。
参考になるかわかりませんが、私が管理している浄化槽は
学校の寮で定期的にお風呂のお湯が入ってきます。
そのため、水温が安定しており冬場も18℃から20℃を保つことができます。

貴施設はどのような水が入ってきているかはわかりませんが
もしお風呂のお湯のように高い温度の水を引き入れる条件があれば
検討してみてはいかがでしょうか。

また、ブロワ―の空気温度も影響があると思われます。
冬場に冷えた空気を送りこんでいるのであれば、
ブロワ―の空気温度を上げることで、
水温を保つことができるかもしれません。
この回答へのお礼・補足(質問者のみ) この回答の修正・削除(回答者のみ)
総件数 1 件  page 1/1 |   
ページトップへ