一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

デンソー、農業生産支援システムを発売、ハウス内を自動制御して光合成を促進

エコビジネス 環境技術】 【掲載日】2015.02.04 【情報源】企業/2015.01.30 発表

 デンソーは、農作物の安定生産と収穫量の増加につなげる農業生産支援システム「プロファーム」を4月1日に発売する。農業用ハウス内の温度、湿度、CO2の濃度といった環境を最適な状態に自動制御して光合成を促進する。種子・苗や農業資材などを取り扱うトヨハシ種苗(愛知県豊橋市)を通じて販売し、7月に出荷を始める。
 プロファームは各種のセンサーと、ハウスの天窓・カーテンの開閉、空調装置の制御やミスト・CO2を発生させる機器に制御信号を出すコントローラーで構成する。センサーは風向き、風速、日照、降水の有無と、ハウス内の温度、湿度、CO2濃度を測定する。状況に合わせてコントローラーが自動制御して最適な生育環境にする。
 デンソーが手掛けてきた車載・家庭用の空調システムや工場用制御の技術を活用した。日本の小面積の農地や気候に対応し、ハウス内の生育環境を最適に制御できるシステムとして開発した。日本のハウス栽培では主に大規模なハウスを想定した輸入システムを使用していて、小規模な農地面積に適したシステムが求められていた。
 2012年に実証ハウスに試作機を入れ、トマト栽培で効果を検証した。2013年からは愛知、千葉、熊本県でモニター販売し、使用者の意見を聞いて開発に反映させた。デンソーは自社の技術を基にした新規事業を進め、農業生産支援システムのほかマイクログリッド(小規模電力網)やセキュリティー、ヘルスケアに取り組んでいる。【(株)デンソー】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ