一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境ニュース[国内]

三菱商事、ベルギーの洋上風力発電事業に英国子会社を通じ参画

エネルギー 再生可能エネルギー】 【掲載日】2016.12.16 【情報源】企業/2016.12.14 発表

 三菱商事は、ベルギーの沖合に計画される新しい洋上風力発電事業に、100%出資する英国の電力事業子会社、ダイヤモンド・ジェネレーティング・ヨーロッパを通じて参画する。同社と、オランダ公営総合エネルギー企業のEneco(エネコ)とで折半出資する新会社が、発電事業会社に50%出資する。2019年夏ごろの運転開始を目指す。

 新たに開発する発電所は「Norther(ノーザー)洋上風力発電所」で、ベルギー沖合約23km、水深約20mの北海海域に設ける。約37万kWの総発電容量がある。三菱重工業が50%出資する洋上風力発電設備メーカー、MHIヴェスタス製の出力8.4MW(8400kW)のタービンを44基取り付ける。同国最大の規模となり、40万世帯の電力が賄える。

 ノーザー洋上風力発電所は2017年1月に建設を始める。総事業費は1500億円だ。発電事業会社の50%は、ベルギーの地方自治体が100%出資するエネルギー・通信会社が保有していて、出資各社が共同で建設・運営する。三菱商事は、エネコと2012年に結んだ長期的な戦略提携に基づいて参画する。洋上風力発電事業では2件目となる。

 1件目は、総発電容量約13万kWのオランダ「ルフタダウネン洋上風力発電所」で、2015年末に稼働を始めた。三菱商事とエネコが折半出資している。三菱商事は、発電事業で再生可能エネルギーへの取り組みを強化する方針を掲げ、今回の洋上風力発電事業への参画もその一環となる。今後も欧州を中心に、洋上風力発電事業に取り組む。【三菱商事株式会社】

提供:日経BP環境経営フォーラム(EMF)

情報提供のお願い(企業・自治体の方へ)

記事に含まれる環境用語

プレスリリース

EIC ネット・コンテンツ