一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 環境倫理学

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

環境倫理学

カンキョウリンリガク   【英】Environmental Ethics  

解説

人間と自然の関係についての道徳的なあり方を考える学問。

加藤尚武(現・鳥取環境大学学長、1937-)は、環境倫理学の主張を、(1)自然の生存権、(2)世代間倫理、(3)地球全体主義 の3つに整理している。さらに、加藤尚武によると、環境倫理学は、従来の意思決定の枠組みを問い直すものであると位置づけられる。

例えば、正義、権利、平等、自由、個人主義、近代化、進歩主義、保守主義、民主主義など、我々が当然としている概念が、環境倫理学においては根本的な疑問にさらされると主張する。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト