一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 種の保存

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.14

種の保存

シュノホゾン   【英】Species Conservation  

解説

生物種を絶滅させたり、絶滅のおそれのある状態にしないこと。

種の保存の方策としては、まず保存すべき種の個体数を減らさないために採取、捕獲、取引を禁じたり、人為的に繁殖の手助けを行うなどの方法があげられる。日本では、従来より鳥獣保護法(1918)や自然環境保全法(1973)、文化財保護法(1950)などによって、種の保存の施策がとられていたが、1992年に「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律種の保存法)」が制定され、種の保存対策は一段と強化された。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト